5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヘルベルト・フォン・カラヤン 10

1 :名無しの笛の踊り:04/03/01 19:33 ID:DW8NNswZ
 ◆プロフィール

1908年4月5日 夜11時に生まれる
1935年 ナチス党に入党(33年説もあり)
1955年4月5日 フルトヴェングラーの後継として
          ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督及び常任指揮者に就任
1956年 ウィーン国立歌劇場芸術監督に就任
1989年7月16日 ザルツブルグ郊外アニフの自宅で日本人企業家と会談中に体調不良を
           訴え、日ならずして帰らぬ人に。享年81歳。

 ◆前スレ

ヘルベルト・フォン・カラヤン
http://music3.2ch.net/test/read.cgi/classical/1065437506/

過去スレは >>2

2 :名無しの笛の踊り:04/03/01 19:34 ID:DW8NNswZ
 ◆過去スレ

あえて問う。カラヤンってどうよ。
http://piza2.2ch.net/classical/kako/965/965751071.html
カラヤン
http://music.2ch.net/classical/kako/970/970780174.html
カラヤン ぱあと2
http://music.2ch.net/classical/kako/1010/10105/1010501029.html
ヘルベルト・フォン・カラヤン
http://music.2ch.net/classical/kako/1023/10234/1023467540.html
■カラヤン!
http://music.2ch.net/classical/kako/1025/10251/1025185017.html
ヘルベルト・フォン・カラヤン
http://music.2ch.net/classical/kako/1036/10363/1036336978.html
カラヤンのベストアルバム
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1051599089/
カラヤンのベストアルバム2
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1060313531/

3 :名無しの笛の踊り:04/03/01 19:35 ID:Nwk/Hc2s
終了

4 :名無しの笛の踊り:04/03/01 19:41 ID:kpqsqCAS
2げっと〜

5 :('A`)キモメン ◆9d0clOTk26 :04/03/01 19:42 ID:sNzrmWzJ
>>1

6 :名無しの笛の踊り:04/03/01 20:08 ID:BseaCPa8
>1さん乙です!

さて、なにを話しましょ?

7 :名無しの笛の踊り:04/03/01 23:27 ID:4KtknaC6
カラヤンのブラームスの4番はあまり良いといわれない。数ある録音の中で
お薦めがあれば教えて。個人的にはユニテルのDVDしか持っていない。

8 :名無しの笛の踊り:04/03/02 00:24 ID:918JVYjg
>>7

88年のライブはブラ3ともどもイッちゃってる

9 :名無しの笛の踊り:04/03/02 00:30 ID:fFi73rYN
カラヤンのブラ4はユニテルのが一番良いいんじゃない。

10 :HvK ◆JWPaeN65Rw :04/03/02 01:10 ID:0DvTE1o/
>>7
60年代の録音聴いてみるべし

11 :名無しの笛の踊り:04/03/02 03:52 ID:fFi73rYN
時の終わりの劇はどうしてケルン放響なのかしら?

12 :名無しの笛の踊り:04/03/02 04:23 ID:svW5iUCd
>>7
かなり古いけどフィルハーモニアとの録音。1955年のステレオ録音
(LP時代には疑似ステレオで出てた)


13 :カラヤン党だが:04/03/02 06:39 ID:EBCwsVsy
前スレ>>945
カラヤンの「メリー・ウイドー」は、ほぼ完璧に素晴らしい演奏です!
ハンナ・グラバリーの登場シーンはシヴァルツコップには及びませんが、全体的な出来は
数ある全曲盤中トップクラス、否、トップといいたいです。

>>7&>>12
フィルハーモニアの演奏、いいですね。あと63年(?)のDG録音も好きです。

14 :名無しの笛の踊り:04/03/02 09:29 ID:SD7tqBvx
カラヤン/ベルリンフィルのナマに、1966.1970.1973.1979(ウィーン楽友協会合唱団とソリストも).1981に
行った(1973は5回)。
1979からは足が悪くなり、演奏にも翳りが出てきたように感じた。
でも1973までは、カラヤンらしい颯爽とした演奏を醍醐味した。
ナマを聴いた方のカキコを望む。

15 :名無しの笛の踊り:04/03/02 11:57 ID:ImXPCxtf
昨年出たKarajan The Collectionという2CDx10組(20CDBOXにもなってますが)
録音年代がばらばらです。ブラームスは80年代(2番だけ60年代か70年代)、
チャイコは60年代、リヒャルトはばらばら等、必ずしもここで言われている
ベスト録音でもないようだし、どういう基準なんでしょうね。


16 :カラヤン党だが:04/03/03 06:46 ID:gD36KWyE
>>14さん

80年代カラヤンが昇天するまでドイツにいたので、それなりに聴きました。
日本公演も東京でのベートーヴェン・チクルス(普門館)、ブラームス(東京文化)
その他NHKホール等。
一番多く聴いたのは、やはりベルリンのフィルハーモニー。
LD・DVDで「ニューイヤー・イヴ」と題名の付いているコンサートも行きました。
収録はされていませんが、前半は「未完成」が演奏されました。
この日のコンサートは、少し翳りが出てきたカラヤンにしては、凄かったです。

17 :名無しの笛の踊り:04/03/03 23:12 ID:2+0RqTic
バイロイトの「マイスタージンガー」全曲盤っていいんですか?

18 :名無しの笛の踊り:04/03/03 23:28 ID:0cYkaI7Y
私も>>17氏同様、ナクソスから出てるやつを買おうかどうしようか
迷っているのです。
ORFEOから出たトリスタンはとても気に入っています。

19 :名無しの笛の踊り:04/03/04 20:52 ID:yPuusJFZ
>>17
NAXOSがどの盤から板おこししているのか
分かりませんが、バイロイトのマイスタージンガーは
海賊盤のほうがいいとの評判があります。
EMIからではダメとのこと。


20 :名無しの笛の踊り:04/03/04 21:58 ID:o7rn0iUp
>>19
バイロイトの「マイスター・・」、伊ウラニア盤の音がイイ!ってのを
どっかで読んだ記憶・・・・違ったかな?

21 :名無しの笛の踊り:04/03/04 23:51 ID:IYbyTa3h
バイロイトマイスタージンガーって、ドレスデン(だっけ?)のステレオ録音ど比べて演奏自体はどうなんでしょう?

22 :カラヤン党だが:04/03/05 06:20 ID:/UGB3p+j
>>21さん
それって非常に難しい質問(汗!)。ものが違いすぎるのでなんと言ったらいいのやら…。
バイロイトのは英コロムビア(33CX)でも、音的にはちょっとキツイ。演奏の
善し悪しが良くワカランのですよー。
ドレスデンの「マイスタージンガー」は言うこと無しの名盤でしょう。
いままで聴いたものでは、エテルナの盤が一番鮮明で凄い音だった。
英EMIは耳に心地よく、独エレクトローラは豊満な音です。好きずきですねー。
この二つの演奏、比べるのはとても難しいと思います…。

23 :名無しの笛の踊り:04/03/05 11:03 ID:+bEahwCI
普門館て音わるすぎ

24 :名無しの笛の踊り:04/03/05 11:07 ID:liqbWzIf
普門で聞いたカラヤンは、音がウァンウァンしてちっとまいったよ。


25 :名無しの笛の踊り:04/03/05 11:58 ID:EiTf4pHV
晩年のシューマンの4番が好きです。

ギレリスと入れた、ベートーベンの3番のCDが見つからない・・・。

26 :名無しの笛の踊り:04/03/05 12:17 ID:C1t20v+w
普門は発売されたときだけわだいになったが・・・。
やはり駄目か。買わんでよかったべ。

27 :マラマニア ◆Pg0XltIwU. :04/03/05 12:34 ID:gft482OW
朝比奈やクナの好きな香具師は、「カラヤンの晩年の演奏は深くなった。」
と言う香具師が多いが、漏れは、カラヤンの晩年の演奏は認めない。
あの集中力のない演奏は何だ!全盛期では考えられない。絶対認めん!

28 :名無しの笛の踊り:04/03/05 12:37 ID:7Sa4m/EH
まあなんだ、ああいう晩年の演奏もあるからこそ
全盛期という言葉で、ああ大体あの頃ね、と判断もつくというもんだわな。

29 :名無しの笛の踊り:04/03/06 08:15 ID:H2UePGiN
晩年ばっかりほめる香具師いるわな。
晩年の演奏でもいいものはあるがしかし
それらに隠れた60年代の名盤もたくさんあることはたしか。
ブルにしても、60年代に入れた9番はあまり語られることはないが
いい演奏だとおもうよ。
70年の始めの4番、7番とかね。
おっと、そういうオイラは75年のブル4が好きなんだな。

30 :名無しの笛の踊り:04/03/06 08:23 ID:y5p1ypRj
>>29
57年の8番はどう?


31 :名無しの笛の踊り:04/03/06 08:27 ID:H2UePGiN
>30
後年と基本的なスタイルは変わっていないとおもう。
あまりブルが演奏される機会が少なかった時期に
すでにカラヤンはブルックナー指揮者だったことがうかがえる。


32 :名無しの笛の踊り:04/03/06 08:35 ID:pCZsn6Sz
すでにというか、若々しさ、趣味の良さ(粋)、機敏さ、メリハリというカラヤンの長所は
50年代に大爆発したとおもわれる。だから、このころの録音は、ナニを聴いてもよい。
ブルももちろん。
一生このままでいてくれてたらと思うけど……



33 :名無しの笛の踊り:04/03/06 08:47 ID:I2tilH+A
77年録音のドヴォルザークの新世界よりで第4楽章のシンバルが鳴ってるのか
微妙なんですが。
一瞬「チャスッ」って鳴っていて、雑音のようにも聴こえるのですが・・・
あれがシンバルの音なのかな?

34 :名無しの笛の踊り:04/03/06 09:44 ID:X1viiD+s
>>32
胴衣

特にフィルハーモニアとの録音が最大の遺産だな。



35 :名無しの笛の踊り:04/03/06 16:21 ID:3/+jBJ0+
>>33
雑音っぽく聞こえてるのがそうだと思う、確かに他の指揮者のものと比べると音が悪いかな
それより、この録音は第四楽章の初めの金管の音の悪さが気になるなぁ
トランペット?が1/4音くらい低い気がする(何度聞いてもそう思う)

77年の録音はとにかく洗練されていてカッコイイ、ってのが第一印象ですね
(洗練された演奏と言う点で挙げるなら、これが全指揮者中で最右翼かもしれない)
同じカラヤンでも60年代とは洗練のされ方が雲泥の差
引き締めるところは締めて、緩やかに流すところはとにかく美しく奏でる、と言うメリハリが更に利いてる
惜しいことにこれ以後カラヤンの洗練された楽曲を奏でると言った能力は凋落していった気がする
その代わりに85年のVPOとの録音ではVPOってのもあってか、カラヤンにしては珍しく叙情的な演奏になってる
きっと別の能力を手に入れたんでしょうな、彼は

36 :名無しの笛の踊り:04/03/06 16:24 ID:3/+jBJ0+
77年の録音でもう一言
最後1つ手前の金管と弦の掛け合いのとこで、笛の音が小さいのが少し淋しいな
バーンスタイン&NPOの録音だとよく聞こえたんだがなぁ
ここのヒュル〜ヒュルッって音が好きなんだよねw

37 :名無しさん@お腹いっぱい:04/03/07 13:49 ID:g9cIs3cC
1975年4月のイースター音楽祭の「新世界」のライブって持ってない?

38 :名無しの笛の踊り:04/03/07 20:32 ID:n4eBeh0M
カラヤンはナチス党員です。アメリカではユダヤのアンチキャンペーンのせいで
活躍できなかったという。ハイル・ヒットラー!

39 :ブルおた:04/03/07 20:40 ID:WHtyB4/T
だが総統はカラヤンの指揮を好まず、カラヤンは資産家のユダヤ系の奥さんを
もらったんだよね。

40 :名無しの笛の踊り:04/03/07 20:50 ID:zQlI8Fre
カラヤン死んで、莫大な遺産はユダヤの懐に

41 :ブルおた:04/03/07 20:52 ID:WHtyB4/T
バイロイトのトリスタン’52を聞いているが、
ロマンチシズムを意識しすぎて演奏が重くなりやすいトリスタンを
シャープにまとめていく均整の取れたスタイル。
同年期のマイスタージンガーも聞いてみたい。

42 :名無しの笛の踊り:04/03/07 21:01 ID:qjt0gpOJ
ところで、薔薇の騎士の映画版は今でも出回っているのかな?(シュワルツコップの元帥夫人のやつ)
最近見かけないけど、もしかして市場に出せない理由でもあるのかな?

43 :名無しの笛の踊り:04/03/08 00:19 ID:zJkE35D2
>>38 総統はカラヤンよりフルトヴェングラーの演奏が好みだったらしい。
カラヤンは総統には好かれなかったようだ。
話しは変わるが、最近オペラを本格的に聴きだした(沢山、購入して余り聴いていなかった)。
カラヤン指揮のオペラの映像作品でまず見るべきなのは何か教えて下さい。
ポネル演出の蝶々婦人がいいと言っている評論家がいるがどうでしょう。

44 :名無しの笛の踊り:04/03/08 00:28 ID:wC7DG2Z7
>>43
私の場合、蝶々夫人のポネル演出は生理的に受け付けません。
じゃあ何が良いかと聞かれても首を傾げてしまいますが、
とりあえず無難なところでハンペ演出の「ドン・ジョバンニ」を。
これもラストが……。

45 :名無しの笛の踊り:04/03/08 00:48 ID:zJkE35D2
>>43 婦人でなく蝶々夫人でした。
ドン・ジョバンニ以外に推薦盤があれば教えて下さい。

46 :名無しの笛の踊り:04/03/08 00:49 ID:voqU2/kS
>>41
バンスタは別として、カラヤンより重く演奏しているっていえる演奏ってどんなの?


47 :名無しの笛の踊り:04/03/08 01:14 ID:Xs/llKGH
ミーハーなんでなにもしらないから質問です。

カラヤンのホルスト「惑星」を買って聞いているのだけど、なんかチャラチャラした音なんです。
そしたらウィ-ンフィル版でした。
もっとガッツリ重い演奏版は出ていますか?

48 :名無しの笛の踊り:04/03/08 01:27 ID:A9KNUhJv
ホルスト「惑星」がチャラチャラした曲なんです

49 :名無しの笛の踊り:04/03/08 01:33 ID:2m0z9kcQ
蝶々夫人は、日本人から見ると、どうもへんちくりんで、内容のシリアスさに対して違和感があります。
志村けんが馬鹿殿の格好をしてまじめに悲劇を演じているのを劇に没入できるか、それとも
笑ってしまうかのどっちかと考えていただくとわかるかも。
ザルツブルグの薔薇の騎士はよかったっす。

ウイーンの惑星は古いほうですか。木星の最後でラッパがとちるやつ。
あんまり演奏した経験のない曲だったみたいですね。当時。
それにしても、ほめる人が多いけどどうもぱっとしませんね。
バーナード・ハーマンという映画音楽の作曲家の人が指揮したものが以前出ていましたが、
上手下手はともかく重い演奏ではありました。

50 :名無しの笛の踊り:04/03/08 08:02 ID:y+mFwgrD
カラヤンの「カルメン」は(グレース・バンブリーの映像版ね)
演奏は大変申し分なく、歌手もオケも素晴らしいが、口と声が合っていなくて萎える。
演出も舞台の再現のようでいて映画的なカットを導入したり、
なにかアイデア倒れのような感じがする。

51 :名無しの笛の踊り:04/03/08 12:24 ID:cJPA1wiN
ヤフオクより。
『4番だけでも 高値で売りたいのですが今回は抑え目で行きます』
だそうです。抑え目で4000円かよ・・・
ttp://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d45424787

52 :47:04/03/08 20:37 ID:mAKRk/1I
>>48
そうなんですけどね・・w
>>49
61年版です。木星の最後の方でラッパがとちっているというのは、
なんか音がバラバラになっているところですか?
バーナード・ハーマン探してみます、ありがとうございました。

53 :名無しの笛の踊り:04/03/08 21:50 ID:YZ3mmiUi
>>49 がきっかけでいろいろ勉強になった。拙者もサンクスっす。
ハーマン指揮の惑星・・興味あるんでググッてみたら LONDON POCL-3688 国内盤でも出てたんだな〜。
他にもアイヴス、ミヨー、ストラヴィンスキー、ワイル、ショスタコ・・・いっぱいレコーディングしてたんスな〜。
クラシック畑の作品もたくさん書いてるし・・cl五重奏なんて聴いてみたいぞ!
映画音楽だけと思ってた拙者がアサハカでした・・スレ違いスマソ。

>>42
そーいえばこの頃確かに見ないですね。拙宅のは東北新社のVHD・・・ちとヤバいか?
思い出すのは氏のカーテンコール、両手をブラブラさせながら出てくる姿が特に印象的でしたね。




54 :名無しの笛の踊り:04/03/08 22:28 ID:CEzVvKzn
>>42
私も欲しくなってあちこち探してるんだが、DVDも出てないみたいなんだよなあ。

55 :名無しの笛の踊り:04/03/08 23:14 ID:2m0z9kcQ
>>49です。
薔薇の騎士の古いほうはDVDになりませんね。LDもある一時期に廃盤になって
から全然再発されませんでしたね。フルトヴェングラーのドンジョバンニのほうが手に入りやすい
ですものね。

ハーマンの「惑星」はレコ芸あたりでは、批評以前の演奏と片付けられていました。ピッチが合っていないとか…。
でも、僕は少年の頃、オーマンディーのよりいいなあと思って聴いていました。
確かストコフスキーとかで有名な例のフェイズ4だったと思います。ハーマンは、ヒッチコックの映画、「サイコ」の音楽
なんかやっていた人ですね。同じシリーズで映画音楽集もあって、あれ買っておけばよかったと後悔してます。


56 :名無しの笛の踊り:04/03/09 18:06 ID:Q7srS+SM
>>42
またシュワルツコップがストップをかけているんじゃないの?

57 :名無しの笛の踊り:04/03/09 22:56 ID:VVCxOjRl
>>42
PAL仕様で出てなかったけ?

58 :名無しの笛の踊り:04/03/10 05:00 ID:u1hyApTq
>>54>>55
げっ、そうなんだ。LDまだ処分できないな。
でかくて保存場所に困ってるんだが。
「ドン・ジョヴァンニ」はどうでもいいんだけどねえ。

59 :名無しの笛の踊り:04/03/13 08:08 ID:z/eUhJjv
age

60 :名無しの笛の踊り:04/03/13 09:08 ID:rlZ9OeW4
カラヤンてチェコ系なの?アルメニア系と書いてある本もあったんだけど。

61 :ブルおた:04/03/13 10:01 ID:5QhhEgM0
祖先はマケドニアの貴族。ギリシャ系になるらしい。
世界史板でカラヤンの祖先を辿っていくスレがあったからそれを
参照されたし。(ハプスブルグ)

62 :名無しの笛の踊り:04/03/13 14:33 ID:rHx8jkcn
>>60
チェコは違う。
少なくともアルメニア人はカラヤンがアルメニア系だと信じている。

63 :名無しの笛の踊り:04/03/13 18:04 ID:PeFidjCo
どうでもいいけど、ナチスの残党の表面だけの演奏はいただけない。

64 :ブルおた:04/03/13 18:37 ID:waW2F5eo
カラヤンはナチの思想に信服していたわけではなかった。
ただよく考えずに何でも自分のキャリアに役立つものに飛びつく姿勢が
後年まで暗い影を落とした。

65 :名無しの笛の踊り:04/03/13 18:37 ID:4n9WP9tO
先祖がアルメニアからギリシャに移住したんじゃなかった?

66 :ブルおた:04/03/13 18:45 ID:waW2F5eo
そうなの?
カラヤンの血筋についてすんげー詳しく述べていたスレが世界史板に
あったんだがどれだか分からなくなった。


67 :名無しの笛の踊り:04/03/13 19:05 ID:3I/UZJeI
どうでもいいけど(といいながら吊られてあげよう)、
63みたいな感想ほど表面的なのはないよね。

ナチス関係でいえば、カラヤンのはせいぜい機会主義でしょう。
もっとのめり込んだのはクラウスやベームで、実はクナもかなり
怪しい(結果的に向こうに嫌われたのが幸い)。フルトヴェングラー
だって潔白というには程遠い(別な意味での機会主義)。

68 :ブルおた:04/03/13 19:13 ID:waW2F5eo
ゲッベルス博士はクナの演奏がすごく好きだったらしい。
エヴァブラウンもクナの大ファンだった。
なのに総統のお気に召さなかった…。

69 :名無しの笛の踊り:04/03/13 21:25 ID:j1Vo6llH
このまえテレビに出ていたフルネさんも、そっちの協力者だったんですよね。


70 :名無しの笛の踊り:04/03/13 22:58 ID:H5jO3gai
なんだかまた凄いのが出るようだぞ↓

【収録曲(録音)】
ベートーヴェン:交響曲第7番(1978年1月28日、ベルリン、ライヴ)
ストラヴィンスキー:春の祭典(1978年8月31日、ルツェルン音楽祭、ライヴ)
【演奏】
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

「何と、カラヤン&ベルリン・フィルの全盛期のライヴが登場!
ベートーヴェン:交響曲第7番は本拠地ベルリンでの演奏会。
ストラヴィンスキー:「春の祭典」は、ルツェルン・フェスティヴァルでのライヴ録音です。
何れも正規初出!特に、「春の祭典」は完全なる初出音源!!
スタジオ録音では味わえない、この当時の”生の”カラヤンがお見事。
ベルリン・フィルから何とも張りのある光沢に充ちた完成度の高いサウンドを創出しています。
正に大注目の一枚です。」
ttp://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=731364&GOODS_SORT_CD=102



71 :名無しの笛の踊り:04/03/13 23:07 ID:D+sQ5K8R
>>67
俺は>>63の「表面だけ」と言う部分にすごく共感する。
同時に、別にそれが悪いことだとも、評価を落とすことだとも思わない。
もしカラヤンに表面以外の部分があって、そこに数多の指揮者が惹かれたとしたら、
そんな高度な領域での理解は俺には到底出来そうに無いと言うことだけは言える

72 :名無しの笛の踊り:04/03/13 23:36 ID:UfwNtxYE
>>70

ほお、これは…
時期的に、ものすごい演奏のヨカン

73 :名無しの笛の踊り:04/03/14 00:00 ID:7IR1SuS0
>>70
スレ違いかもしれないけど、質問です。
ストラヴィンスキー自身が「祭典」の録音を批評している文章を
翻訳で読みたいんですが、どこかに載ってますか?
カラヤンのは「お笑いぐさだ」と言ったらしいが、
詳しく内容を知りたいんです。

74 :カラヤン党だが:04/03/14 01:15 ID:Zew03sXq
>>61ブルおたさん

>祖先はマケドニアの貴族。ギリシャ系になるらしい。

私も詳しいことは完全には知りませんが、なにやらそちら系統で「チュートン」と呼ばれる
「ギリシャ系統」の血が混じっている人種(?)と聞いたことがあります。
ですからマケドニアの貴族というのは、あながち間違ってはいないと思います。
それと、ドイツでの「von」の称号ですが、これには諸説あり、アンチを喜ばせる
内容もあるので、ここで書くのは辞めておきましょう。

75 :隠者の紫:04/03/14 01:35 ID:yjh8+070
>>73
ストラヴィンスキー自身の批評、どこかで(図書館?)読んだような
記憶がある。
確か、ドイチェ・アルゲマイネ・ツァイテゥングか、
N.Y.タイムスか、どちらかだったように思うが・・・・。
思い出せなくて、ごめん。
カラヤンの演奏を、けちょんけちょんにけなしていたことは事実だ。


76 :名無しの笛の踊り:04/03/14 01:55 ID:YvLDefHS
>>74
Teuton(チュートンもしくはテュートン)はゲルマン族の一派で、
独墺はもとより英国やオランダなどに定住して、他のヨーロッパ語族と
混血しつつ、ゲルマン文化を形成してきた人たちです。
ギリシャ系統とはまた別だと思うのですが…。
http://www1.odn.ne.jp/cah02840/tufs/0310172.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k4/1401171.htm

77 :名無しの笛の踊り:04/03/14 02:12 ID:yjh8+070
出自はともかく、カラヤンが、スワロフスキーにピアニストから
指揮者になるように薦められたという事実は、興味深い。

さすが、スワロフスキー先生!といえよう。

78 :名無しの笛の踊り:04/03/14 02:24 ID:7IR1SuS0
>>75
73ですが、どちらも新聞ですね。
やはり翻訳はないということなのでしょうか。
それでは、ドイツ語はちょっと面倒なので、
英語文献の方を探してみることにします。
ありがとうございました。

79 :名無しの笛の踊り:04/03/14 06:06 ID:unSf5uYX
>>70
やったぁー!!
78年の春祭!!
今度はいけにえの踊りで大太鼓ハズしてないかな?

80 :名無しの笛の踊り:04/03/14 06:43 ID:0HNde4Tb
ストラヴィンスキーの春祭演奏評は、うんと昔の日本の雑誌
(「音楽芸術」かなぁ?「レコ芸」「音友」じゃない)に
掲りました。記憶だとカラヤン、ブーレーズ(最初の)、クラフトの
三つを箇所ごとに分けて分析していました。カラヤンのは一箇所だけ
「完璧なバランス」と褒め、あとは違うなぁみたいな評価だったような。
ブーレーズもあんまり芳しい評価じゃなくて、結局クラフトが一番いい
という評価。クラフトって昔は現代音楽のスペシャリストとして活躍
していたけど、いまや完全に過去の人なんですけどね。

81 :名無しの笛の踊り:04/03/14 08:37 ID:WTinrZtI
シベリウスはカラヤンについて
自分の音楽の最高の理解者だ
といってたらしいね


82 :名無しの笛の踊り:04/03/14 09:03 ID:MDvCEclz
>>81
北欧系以外では数少ないシベリウス指揮者でもあったからね
(3番の録音がないのが残念だけど)
特にフィルハーモニア時代に入れたのはいい(古いけど)


83 :名無しの笛の踊り:04/03/14 09:17 ID:7IR1SuS0
>>80
73ですが、やっぱり翻訳があるんですね?
いろんな所で触れられているわりには(たとえば↓とか)、
出所が書いてあるのを見たことがないんですよ。
国会図書館の論文検索にもかからないし。
とにかく探します。ありがとうございました。

ttp://music.2ch.net/classical/kako/1033/10332/1033242908.html

84 :名無しの笛の踊り:04/03/14 09:34 ID:+XILCEqJ
生誕100年の2008年に合わせていろいろ出してくんないかな?
大阪でのライヴ映像とか、未発売音源をどんどんリリースしる!

85 :名無しの笛の踊り:04/03/14 09:46 ID:unSf5uYX
>>84
大阪でのライヴは前にクラシカジャパンでやってた。
モーツァルト ディヴェルティメント15、ローマの松、ドンファン
のでしょ?
ドンファンの演奏が終わったあとのカラヤンの微笑みがなんともいい!!
それにしても、ストラヴィンスキーがカラヤンの春祭で一箇所だけ褒めた
部分はどの部分なのかしら!?


86 :名無しの笛の踊り:04/03/14 09:48 ID:unSf5uYX
↑間違えた!!
カラヤンが微笑んだのはローマの松のときだった。

87 :名無しの笛の踊り:04/03/14 10:13 ID:nBUW0cf4
アルベルト・フォン・カラヤンっていう指揮者もいるらしい

http://dir.amagle.com/classical-jp/583632

88 :名無しの笛の踊り:04/03/14 10:22 ID:+XILCEqJ
>>85
ローマの松でのカラヤンの微笑、是非拝見したい!
にしてもなんでテレモンディアルはもったいぶるのか謎。

89 :名無しの笛の踊り:04/03/14 11:59 ID:+dRhMEPx
>>80
クラフトはストラヴィンスキーが指揮するときにアシスタントをしていたんじゃあなかったかな?
でも、アシスタントというよりは、ストラヴィンスキーの代わりにリハーサルをつけたりして(本番だけストラヴィンスキーが出てくる)、むしろ影武者といった方が。。。

これは何となく内輪褒めのような気が。。。

90 :80:04/03/14 22:50 ID:GZ8O13gG
>>83&89
あんまり自信がないけど、「20世紀の音楽」みたいな別冊特集号だったような。
でももう30〜40年位前のだよ、いずれにせよ。
クラフトについてはその通り(スレ違いだけど)。内輪褒めもいいとこ。
今じゃCDにだってなってないんじゃないか?でも当時はシェーンベルグや
ウェーベルンもクラフトのしかなかったのよ。

91 :名無しの笛の踊り:04/03/15 17:48 ID:uDrNfkfW
>>87
ただの誤植じゃねーか。

92 :名無しの笛の踊り:04/03/15 19:03 ID:QKS/HJ1K
>>90
73です。情報ありがとうございます。
過去に、「音楽芸術」の別冊で
「20世紀の音楽」というのがあったようです(1965年)。
さしあたり、この本の目次コピーを
国会図書館に請求してみますね。

93 :名無しの笛の踊り:04/03/16 16:32 ID:q6t4cL2L
63です。
カラヤン演奏は、音色の作り方や、技術的には凄いな と関心しますが、だからどうしたの?という疑問や不満が いつも残る。
好き嫌い、と言ってしまえばそれまでですが

94 :ブルおた:04/03/16 18:30 ID:vIebMUFB
カラヤンの演奏についてだが。
カラヤンがレッドツェッペリンに興味示していたって面白いね。
シェーンベルクのVerklarte Nachtを聞くと、すごく音が厚いし重いし
ペレアスとメリザンドなんか、ヘビメタかよ!!と思うくらい音が歪んでいる。
マイルスもカラヤンもどっちも「帝王」と呼ばれるが、ロックなどの他の音楽の要素を
取り込んで音楽に生命力を与えようという姿勢は似ている。




95 :名無しの笛の踊り:04/03/16 19:12 ID:GCUMPP1j
>>94
> カラヤンがレッドツェッペリンに興味示していたって面白いね。

 ,   _ ノ)
 γ∞γ~  \
  |  / 从从) )
 ヽ | | l  l |〃
  `从ハ~ ワノつ〃∩ ホェーホェーホェー

96 :名無しの笛の踊り:04/03/16 22:09 ID:lgTEWiRD
音楽は美しく演奏されなければ意味がない
そういう意味でカラヤソの演奏は不滅だ
特に60年代の演奏は絶品だ
バカの壁ではないが、やはり自分自身が変化したのであろう



97 :名無しの笛の踊り:04/03/16 22:20 ID:nz2hCmYc
贅沢と言うものを知ってしまったんだろ。
びんぼくさいのは耐え難い。

98 :名無しの笛の踊り:04/03/16 22:22 ID:xhY8auTx
>>94
カラヤンが興味を持ったのは
『天国の階段』だったわけだが。


99 :名無しの笛の踊り:04/03/16 22:37 ID:D2s5v04f
>>94

とあるHPから引用

ZEPの名曲STAIRWAY TO HEAVEN(邦題:天国への階段)については
クラシックの巨匠ヘルベルト・フォン・カラヤンも
次のように大絶賛しています。
「この曲はメロディーや構成も素晴らしいが、アレンジも完璧だ。もし
私がベルリン・フィルハーモニーで演奏するためにアレンジし直す
としても、結局レコードと同じものにならざるを得ない。クラシックと
なりうる名曲だ。」
事実、ヘルベルト・フォン・カラヤンは彼のベルリン・フィルハーモニー
                         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
でこのSTAIRWAY TO HEAVENを上演しています。確かCD化されて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いると聞きましたが、私は持っていません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・・・・・マジすか????????

100 :名無しの笛の踊り:04/03/16 22:48 ID:nz2hCmYc
カラヤンはほんとにそんなこと言ったのか?出典はどこだよ。

101 :名無しの笛の踊り:04/03/16 23:16 ID:VRG/vRXV
CD化??
ガセネタの可能性超大。

102 :ブルおた:04/03/16 23:35 ID:yWZsTiV3
うる覚えだが、たしかカラヤンが誉めていたのは
Dazed and Confused(「幻惑されて」)とか1st,2ndそのあたりだったような。。。


103 :名無しの笛の踊り:04/03/17 19:54 ID:Zj3a3HDr
オペラもたくさん振ってるカラヤンだけど、みなさんのいち押しは?

104 :名無しの笛の踊り:04/03/17 21:14 ID:oBdamfMV
>>103
トゥーランドット。プッチーニの凄さが初めてわかった。

105 :ブルおた:04/03/17 21:23 ID:w/EjgEEC
Der Ring Des Niebelungen


106 :名無しの笛の踊り:04/03/17 23:18 ID:D/GCc7tn
>>103
ボリス・ゴドゥノフ!
ペレアスとメリザンド!
サロメ!
大杉!

107 :カラヤン党だが:04/03/18 01:16 ID:izzKNBq4
あえて、「メリー・ウイドゥー」
フィルハーモニアとの「薔薇の騎士」「ファルスタッフ」もよいですが。
>>106さんの押す「ボリス・ゴドノフ」と「ペレアスとメリザンド」も圧巻。
ドレスデンとの「マイスタージンガー」もあるし「オテロ」もあった!
ダメです、良いのが多すぎて選べません。

108 :リリース間近:04/03/18 02:39 ID:LgC1x0IP
http://www.deutschegrammophon.com/catalog/product.htms?PRODUCT_NR=4749552&COMP_ID=HAYJO&WIDTH=1402&HEIGHT=849&COLORS=

109 :名無しの笛の踊り:04/03/18 03:14 ID:iFM9nLbS
最悪なのは、70年代EMIオペラ。担当した録音技術者全員死刑。

110 :名無しの笛の踊り:04/03/18 04:55 ID:aPD0dYGm
>>108
天地創造ですかー。

111 :名無しの笛の踊り:04/03/18 11:28 ID:rbI56FB8
111

112 :名無しの笛の踊り:04/03/18 12:18 ID:uc3KVPym
EMIの「フィガロ」、DGの「ドン・ジョバンニ」「パルジファル」

「天国への階段」の話。
なんか聞いたことある。でもガセネタ、冗談だと思って一笑してたよ。

113 :108:04/03/18 14:02 ID:QLLvQ24n
>>110 :名無しの笛の踊り :04/03/18 04:55 ID:aPD0dYGm
> >>108
> 天地創造ですかー。

DGは(カラヤンに限らず)ザルツブルク音源から離れていたけど
久しぶりですな。
ヴンダーリヒ出演ということで、一瞬スタジオ録音かと
勘違いしそうになりますた。
それにしても工夫の足りないジャケットだ・・・

114 :ブルおた:04/03/18 21:14 ID:uiSP4B0I
ハイペリオンを見習ってほしい

115 :名無しの笛の踊り:04/03/18 23:46 ID:TzpQrAfR
>>103
マイスタージンガーとパルジファルは
ベストだと思います。


116 :名無しの笛の踊り:04/03/19 00:05 ID:aQ7MeMst
>>99
ウロ憶えだが、その「天国への階段」のコメントは確かバーンスタインのモノだった筈


117 :ブルおた:04/03/19 00:21 ID:Ogt2jhDo
カラヤンが都の西北振ったというとんでもデマもあるから大変。
都市伝説というのはこうして作られていくのだな。

118 :カラヤン党だが:04/03/19 01:43 ID:Vq+s8C/a
>>109さん
>最悪なのは、70年代EMIオペラ。担当した録音技術者全員死刑。

正確に云うと、この音源で国内販売した東◎E△Iが悪いと思います。
イギリス盤やドイツ盤では素晴らしい音が楽しめます、全然別物。
あんなものを日本で売るから、「みんなからE△Iはダメだ」と云われてしまう。
CDもしかり。情けないことおびただしいです。

119 :名無しの笛の踊り:04/03/19 09:39 ID:i0PBvvr0
>>116
スレ違いかつ板違いだがぐぐってみると
天国への階段はオーケストラバージョンがあるみたいだな。
ttp://homepage2.nifty.com/riseflat/sth2.html
たしかにここではバーンスタインが言ったことになっている。



120 :名無しの笛の踊り:04/03/19 16:43 ID:uAwaslhu
カラヤンには「胸いっぱいの愛を」を誉めてほしかった。

121 :名無しの笛の踊り:04/03/21 00:50 ID:rUn95/9L
全然関係ないが、「8時だよ全員集合」を見ていた世代としては、イカリヤ長介が
亡くなったのはショックだ。

122 :名無しの笛の踊り:04/03/21 01:30 ID:0nHhuBzv
うん、寂しいね。
役者としての仕事もよかったし、
あの真面目系の持ち味がコントに合ってた。
ご冥福を祈ります。

しかしなんでカラヤンスレで?
カラヤンが逝去した時も、大ニュースだったよね。
安永さんがとても悲しがってた映像があったな。

123 :名無しの笛の踊り:04/03/21 08:14 ID:5Q9Xat9K
安永さんはカラヤンのことどう思ってたのかな?

124 :名無しの笛の踊り:04/03/21 08:15 ID:7GIy6XL8
イカリヤ
カリヤイ
カラヤイ
カラヤン



つながりがないこともない・・・・・・・・・なわけないか

125 :名無しの笛の踊り:04/03/21 12:14 ID:+NF+23Kd
でも、最近入院してたし、もうそう長くないなとは思ってたけど、いかりやさん。
安永さんは、カラヤンからみんなのまえで「逃げ出したくなるようなこと」
をずはり言われて辛かったこともあったって言ってた、NHKの追悼番組で。

126 :名無しの笛の踊り:04/03/21 20:43 ID:a+p3BWil
いかりやさんとカラヤンさんの話題を2つ同時に見事にまとめた>>125さんに拍手。

127 :ブルおた:04/03/21 20:46 ID:ZMy70ROX
今度出るはるの祭典のジャケ。カラヤンが好きな美術部の女の子が
書いたような描いたような感じだな。
www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1873203

128 :名無しの笛の踊り:04/03/22 03:45 ID:NBYcZ957
どなたかカラヤン指揮の『ホルスト・ヴィッセル』の音源UPして下さい
ナチス党の歌

そしてこれはおまけです

今、2chで最も熱いスレといっても過言ではない
天才固定、少佐によって・・
歴史の真実が明かされる
ナチスドイツは正義だった!

【我が】 卍 アドルフ・ヒトラー Part2 卍 【闘争】
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1077898785/


129 :名無しの笛の踊り:04/03/22 07:14 ID:lTfkiREP
>>127
それにしても、カラヤンのCDのジャケに使われる写真はこれが多くない?
去年出た普門館の第9ライヴもこれだったし・・・。
不謹慎ですけど指揮棒の先を握っていて、ちょっとHな妄想をしてしまうのは
私だけかしら・・・。

130 :名無しの笛の踊り:04/03/22 08:52 ID:alNBtCLf
>>127
泣く子も黙る絶頂期のカラヤン&ベルリンフィルのライブ!
ベートーヴェンの7番と『春の祭典』という豪腕プログラム!

無修正無修正!!
無修正無修正カラヤンはこんなにも**カった!



131 :ブルおた:04/03/22 18:02 ID:3Zsh2EBH
>>128
さすがにいくらなんでもホルストヴェッセルの歌は指揮してないだろう。

132 :名無しの笛の踊り:04/03/22 18:17 ID:EznKKJY5
ttp://www.google.co.jp/search?q=cache:Q53JxyJ1qkgJ:www.pavilionrecords.com/html/opal/opal_frm.html+rise+of+Fascism+%22CD%22&hl=ja&ie=UTF-8

「rise of Fascism 」にゲルハルト・ヒッシュ歌ってたのはあったけど、さうがにカラヤンじゃないだろう。(今は知らんが、昔、塔渋谷店のクラコーナーに面売りしてた。)

133 :名無しの笛の踊り:04/03/22 20:13 ID:a1wAs/lB
>>129がHな妄想をするのは
@演奏が無修正カラヤンだから
Aカラヤン大好き美術部員(もちろん女の子)が、激しく妄想しながら
 ジャケットの絵を描いたから
の両方に原因がありそうです。

134 :名無しの笛の踊り:04/03/22 23:16 ID:CxQuzsgI
すみません。つまらない質問なのですが、SONYから出てるベートーヴェンの第9
はライヴ収録でしょうか?かつて、この曲だけ80年代のCD録音とは別時期に、
ベルリンでのライヴ(たしか1986年)に合わせて収録された、とどこかで読んだ記
憶があるのですが、どうもDVDの裏ジャケには83年云々・・・と書いてあり、CDと
同時期の、他の曲と同じスタジオ収録のように思われます。単なる私の勘違いな
のでしょうか?よろしくお願い致します。


135 :>131:04/03/23 02:17 ID:HpunTDOW
いや冗談じゃなくてマジです、おまけに総統の目の前で指揮した事もあります。 ただ、音源があるのは聞いた事無いですが…是非欲しい
映像ならば尚の事最高なのですが。
ちなみに私の朝は、CD-Rに焼いたホルストヴェッセルを収容所のごとく大音量で流す事からはじまります。
 もちろん着メロもそれ! フリーソフトで変換して作りました

では
ハイルヒトラー

136 :名無しの笛の踊り:04/03/23 07:40 ID:XNfhBXVk
そういえば今起きて急に思い出したんですけど、今度べト7と春祭のライヴ録音リリースする
Palexaというレーベルは数年前にベーム指揮のブル8のライヴリリースしてましたよね。
うろ覚えですが確かそれも78年のライヴだったと思います。
このレーベルは70年代のライヴに関心でもあるのかしら?(偶然?)
そのベームのジャケもこのカラヤンと同じタッチの絵でした。

137 :名無しの笛の踊り:04/03/23 16:18 ID:23uLq+83
>>136
ヨッフム/BPOのブル9も出していましたね。ディスクが直ぐに出てこないのですが、
確か78年の録音でした。

138 :ブルおた:04/03/23 20:54 ID:c/TT7ONB
>>135
恐らく音源があってもカラヤン自身が処分したと思われ。

139 :名無しの笛の踊り:04/03/23 20:55 ID:VR564R8t
「ドイツ=オーストリア行進曲集」を聴けばいいだろう。
カラヤンめちゃくちゃ張り切ってるよ。

140 :ブルおた:04/03/23 21:13 ID:c/TT7ONB
ホルストヴェッセルはナチス版ジェイムスディーンって感じ。

141 :名無しの笛の踊り:04/03/23 21:28 ID:Gl1nebVU
お久しぶりの>>73です。
65年刊『20世紀の音楽』の目次コピーが送られてきましたが、
「春の祭典ディスクの作曲家コメント」っぽい項目はなさそうです。
下記にそのコピーをうpしましたので参考までに。
また探しますが、出典をご存じの方がいらっしゃいましたらお教えください。

ttp://cgi.f3.aaacafe.ne.jp/~whitenn/up/img/up1196.gif
ttp://cgi.f3.aaacafe.ne.jp/~whitenn/up/img/up1197.gif

142 :ナチ党:04/03/24 06:48 ID:pz21adTT
>>139
>「ドイツ=オーストリア行進曲集」

偶然すでに持ってます。あなたに言われて久しぶりに聴いてみましたが
たしかにカラヤン気合い入ってますね。
ホルストヴェッセルが無いのが悔やまれますね

143 :名無しの笛の踊り:04/03/24 16:02 ID:I2C/66rb
音源が見つからないなんてクラヲタさんもまだまだですね


144 ::04/03/24 21:22 ID:I2C/66rb
20世紀最高の名指揮者カラヤン


ナチス党員番号3430914

1935年4月20日、ヒトラー総統の誕生日を祝う祝賀公演で『タンホイザー』を指揮し、
また同年6月29日に開かれたカッチュホーフの大祝典において
ナチス党歌『ホルスト・ヴェッセル』を指揮し大好評を博しました。


http://horst-wessel.tripod.com/karajan.html

145 :名無しの笛の踊り:04/03/24 21:25 ID:5LwaxPjY
ヘルカラってそんなに好きでもないんだけど、
晩年のVPOドボ8聴いて涙が出てきたよ。
こんな芋臭い曲なのに洗練された音楽になってる。
とくにMv3良い。

146 :ブルおた:04/03/24 22:11 ID:SFN2liZr
戦後も活躍を続けたカラヤンですが、レハールの『メリー・ウィドウ』やリヒャルト・シュトラウスの 『英雄の生涯』などの優れた演奏に、
亡き "理想郷" への思いを偲ばせています。

おいおい。。。

147 :名無しの笛の踊り:04/03/25 00:04 ID:cbK+KV9C
ナチス党歌なんてどうでもいいけど
カラヤンBPOの君が代聴きたいぞ!
日本公演で指揮してるんだよな、たしか。

148 :名無しの笛の踊り:04/03/25 04:24 ID:tLLkzouI
君が代は禁止音楽じゃないから価値は下がる

149 :名無しの笛の踊り:04/03/25 08:00 ID:hyuNyXbj
聴いたような気もするなぁ、
カラヤンBPOの君が代。

150 :名無しの笛の踊り:04/03/25 16:36 ID:jt2XG/Ni
>>144のリンク先は、とんでもない電波サイトだぞ!

151 :名無しの笛の踊り:04/03/25 17:09 ID:t9IdhImO
>>144
お寺の住職さんでつか?

152 :ブルおた:04/03/25 23:14 ID:lpK2pYhc
ちょっとあのサイトからすると、カラヤンがホルストヴェッセル振ったっつうのは
どうも怪しすぎ!!

153 :ブルおた:04/03/25 23:18 ID:lpK2pYhc
★ネオナチ音楽、ネットに掲載 15州で大規模捜索−独

 【ベルリン24日時事】ドイツ警察当局は24日、ナチス・ドイツ信奉や
反ユダヤ主義などを唱えるネオナチの音楽ファイルをインターネット上に掲載し、
ダウンロード(取り込み)できるようにした疑いで、国内15州のネオナチ関係者の
自宅など330軒以上を家宅捜索、コンピューターやCDを押収した。
捜査対象者は計342人に上った。 

時事通信 www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=040325084849X264&genre=int

・・・やっぱ音源があってもダウンロードしちゃだめよってことでつね。

154 :カラヤン党だが:04/03/25 23:22 ID:7FziBcRB
でしょうかね。ドイツではご存じの通り「卍」(ちょっと違うが)ハーケンクロイツや「アドルフ・ヒトラー」の命名が
法律で禁止されている。ドイツの諜報機関も実は地道にネオ・ナチの動向を追っています。
最近は「赤い旅団」のような超過激テロ組織が影を潜めていますが、ひとえにドイツの公安や
優秀な諜報機関のおかげで、事件が未然に防がれているらしいですね。

155 :ブルおた:04/03/26 20:48 ID:xlOsPHDO
つうか世界史板のオタがどうしてもナチスとカラヤンを絡めたいらしい。
確かにそういうスキャンダルがあった方がカリスマの「危うい魅力」として
箔がつくかも知れないが、カラヤンはナチスのイデオロギーを全然理解してなかった。
クラウスも自分からナチスにのめりこんだわけではなく、総統にめっちゃひいきに
されてるよしみで仕方なく党員になっただけ。

やっぱ、フルヴェンの様にもらえるものはもらってオサラバ!!するのがいちばん賢明と言える。

156 :ブルおた:04/03/26 20:50 ID:xlOsPHDO
・・・といってもフルヴェンは自分の良心的な葛藤の末の判断だから決して
ずる賢いといっているわけではないです。

157 :名無しの笛の踊り:04/03/26 23:05 ID:YJxBjB6z
>>155
ナチス云々と言えば、ベームの方がよっぽど熱心だったとの記録が。
他にはナチとの関わりと言えば、クレメンス・クラウスあたりを追求した方が成果が上がるものと思われ。

158 :名無しの笛の踊り:04/03/27 07:28 ID:SEUL58Ow
メンゲルベルクは戦後ついに復帰できなかったが、本当にナチシンパだったの
だろうか。ユダヤ人マーラーを師とし友人としレパートリーとした彼が、ナチ
に心から迎合していたとは思えないのだが。

159 :名無しの笛の踊り:04/03/27 12:40 ID:eNt+tXd0
>>158
ナチ占領下で、マーラーの交響曲を指揮していたりもするね。
ある意味、いい度胸している。

160 :名無しの笛の踊り:04/03/27 19:40 ID:UVLzEFIl
物凄い勢いで誰かがお薦めの演奏者を答えるスレ11
http://music3.2ch.net/test/read.cgi/classical/1078406372/320

320 名前:初心者 投稿日:04/03/27 16:59 ID:Eyp5kCTm
「1976〜77年はカラヤン&BPOの黄金時代だった」という記述
を雑誌で読みました。「黄金時代」を納得できる一枚(作曲家&曲名問わず)
を教えてください。あと、どうして「黄金時代」と呼ばれるのかその理由も
できればどなたかレクチャー願います。


野朗共!出撃だ!

161 :名無しの笛の踊り:04/03/27 19:51 ID:waQPaYhb
>>160
ブラ全、もベト全も最高なのは'やっぱ70年代だろう。

162 :名無しの笛の踊り:04/03/27 23:37 ID:SEUL58Ow
チャイコフスキー交響曲全集もDGで70年代につくられ。

163 :名無しの笛の踊り:04/03/27 23:46 ID:UpNaol0d
'70年代はブルックナーもよい。

164 :名無しの笛の踊り:04/03/28 00:06 ID:Z7SbZzGP
誰も出撃しないの? (´・ω・`)ショボーン

165 :名無しの笛の踊り:04/03/28 00:58 ID:qM/mbva2
うーん、1976〜77年と比較的短期間に限定されちゃうと、ね。
それに、私は1970年代前半の方がイイと思っているから。

166 :名無しの笛の踊り:04/03/28 01:28 ID:1wjnq6xc
私は1970年代前半の方が全盛期だと思う。
EMIのチャイコフスキー4、5、6。EMIのブルックナーの4、7。
マーラーの5番。
ユニテルの映像チャイコフスキー4,5,6。ブラームスの全集。
1973年のツァラトゥストラはかく語りき
ヴェルディのレクイエム。チャイコフスキーの三大バレエ組曲。
プッチーニのボエーム、蝶々夫人等あげだしたらきりがない。

1976年から1977年で一番良いのはBPOではないが
VPOとのブルックナーの9番では。VPOとのサロメも有名。




167 :名無しの笛の踊り:04/03/28 01:41 ID:Imhyu0T5
オペラに限ればヤパーリ50年代から60年代前半だろ。全盛期は。
ザルツの『ドン・カルロ』『ばら』やバイロイトの『トリスタン』、スタジオ盤でも『トロヴァトーレ』や
『アイーダ』辺りは不朽の名盤だと思われ。60年代末頃から自分のお気に入りの歌手侍らせて
好き勝手しだして急に質が落ちてきた。あの丁々発止の精悍さが消えた。

168 :名無しの笛の踊り:04/03/28 02:52 ID:eulmWANh
そういえばDGに指環全曲録音したのは70年代だな。

169 :名無しの笛の踊り:04/03/28 02:57 ID:1CYzP0w8
( ´,_ゝ`)プッ

170 :名無しの笛の踊り:04/03/28 03:16 ID:LwbJQjGy
>>167
全くだ。で、その代わりカラヤンの高貴な美質が際立ってくるのさ。
70年代の指輪を聴いたかね?
素晴らしい、ね。

171 :カラヤン党だが:04/03/28 05:28 ID:trdDfirI
>>166さん
>私は1970年代前半の方が全盛期だと思う。

私も同じような意見。もちろん50年代の溌剌とした演奏や、60年代DGの重厚な演奏も
忘れられませんが、70年代前半はなにかちょっと「普通じゃない」感じがします。
1976-77では、再録音ものが多いのですが、あまり気に入ったものがありません。
特にチャイコフスキーや(除く「悲愴」)ベートーヴェンの全集には……です。
ブラームスの全集も、60年代を凌ぐほどとは感じられませんでした。好き嫌いの問題かな?

172 :名無しの笛の踊り:04/03/28 12:05 ID:yLlDN6dc
>>168
60年代末じゃなかった?時期的には近いけど


173 :名無しの笛の踊り:04/03/28 13:33 ID:7qf3tj1+
ラインの黄金 67
ワルキューレ 66
ジークフリート 68,69
神々の黄昏 69,70

でし!

174 :名無しの笛の踊り:04/03/28 13:54 ID:9dywWZ11
カラヤン=BPOの全盛期は「70年代前半」という意見に賛同。
しかし、爆演最右翼の「フィンランディア」は77年だったか。


175 :名無しの笛の踊り:04/03/28 13:59 ID:dtEi2Sss
「ドン・ジョヴァンニ」のDG盤、
トモヴァ・シントウの音程が最悪で聴けなかった。
クレンペラー盤のワトソンは普通に歌えてたのに。

「子分」のソプラノで他に使える奴はいなかったのか?

176 :名無しの笛の踊り:04/03/28 14:19 ID:dtEi2Sss
俺的には、ヤノヴィッツ、フレーニ、コロ、「三大テノール」達を
子分にしていた頃が一番健全だったと思うよ。

177 :名無しの笛の踊り:04/03/28 14:31 ID:VaNA5JrV
>>175
はげどう。テンポより何よりあのトモワ・シントウはひどいね。
(まあザルツブルグのビデオよりはましだが)

178 :175:04/03/28 14:36 ID:dtEi2Sss
あれがトラウマになって、80年代カラヤンはもう聴けない。
タッデイとの「ファルスタッフ」やバルツァとの「カルメン」なんか
興味があるけど怖くて買えない(もう損したくないし)。


まあ、やってくる「新技術」の波に乗りたいって気持ちはわかるけど...

179 :名無しの笛の踊り:04/03/28 14:39 ID:7g6eR0sQ
トモワ・シントウは『ばら』のマルシャリンも酷い。
表情付けも何もあったもんじゃねえ。

180 :名無しの笛の踊り:04/03/28 14:42 ID:dtEi2Sss
>>179
あれもひどかった。
ベームのザルツブルグ盤のルートヴィヒを聴かなかったら
トラウマになるところだったな。


「80年代カラヤンによる被害者協会」結成しないか?

181 :名無しの笛の踊り:04/03/28 14:49 ID:dtEi2Sss
まあ、ゴッビとの「ファルスタッフ」、フレーニとの「蝶々夫人」、
ヤノヴィッツとの「四つの最後の歌」で楽しませてもらったからいいか...

コーホー曰く、プライス、コレッリ、メリルとの「カルメン」も超名演らしいし。

182 :名無しの笛の踊り:04/03/28 15:00 ID:7g6eR0sQ
>>181
漏れはフレーニの蝶々さんダメだった…。
2幕以降になると途端に中低音の踏ん張りきかなくなるの
バレバレだ罠。ポネル演出の映像版は論外。まあそりゃ
『アイーダ』に較べりゃマシだけどさ。カレーラスのラダメスも
ヘタレだったし。

183 :名無しの笛の踊り:04/03/28 15:02 ID:7g6eR0sQ
>>180
ちなみに漏れは70年代でも充分被害者協会結成できると思われ。
オペラしか聴かないからかも試練が。

184 :名無しの笛の踊り:04/03/28 15:10 ID:dtEi2Sss
>>182

「カラヤン・サウンド」が楽しめる点では最高だよ。
蝶々さんなんて半分狂乱した役なんだから
声楽的な瑕疵はまあご愛嬌ってことで。

ポネル盤LDは「ある奇矯な人物の記録」ぐらいに思えばいい。
耽美な「トリスタン」や「コジ」(あの色彩感!)を作った人物が
あんなゲテモノもつくるんだから。

185 :名無しの笛の踊り:04/03/28 15:14 ID:dtEi2Sss
それに、「低音が出ないソプラノ」と「高音が絶叫してもずれるソプラノ」
なら前者の方がいいだろ。



それにしてもカラヤンは「絶叫して高音に届くソプラノ」の
ジョーンズとは一度も録音しなかったのに...
やっぱりただの耄碌爺さんだったのかね。

186 :名無しの笛の踊り:04/03/28 15:24 ID:7g6eR0sQ
>>185
蝶々さんなら後者。そんな高音で目立つ役でもないシナー。軽くても腰の
強い声で尚且つ中低音の頑張りのきくソプラノが一番聴いててしっくりくるね。
ロス・アンへレスみたいな。

そういえばジョーンズとは録音してないね。デルネシュやベーレンスが
お気に入りだったって事もあるんだろうけど。てゆーかデルネシュの
ブリュンヒルデやイゾルデってあり?

187 :名無しの笛の踊り:04/03/28 15:26 ID:n/3hdcW9
最後の来日のときのコンサートは中継(か、録音放送)されたよね?
ほとんど聴いてるんだけど、ヨタヨタで危なっかしかった(演奏のことね)。
でも礼賛してるやつがほとんどだったような。
個人的には60、70年代が最高だと思いまつ。
老人好きもいらっしゃるでしょうが、「指揮者は60台まで」が喪れ的法則。

188 :名無しの笛の踊り:04/03/28 15:28 ID:dtEi2Sss
そういえば、ファスベンダーやポップもないし、
男性ならジェームズ・キングがない。
なによりも、「グルベローヴァ」がない。

189 :名無しの笛の踊り:04/03/28 15:38 ID:7g6eR0sQ
そういえばトモワ・シントウ、カレーラス、リッチャレッリ、デルネシュみたいな
いわゆる‘カラヤン・チルドレン’を筆頭にした、カラヤンがローテーションみたく
よく使ってた歌手が何人もいるんだから、‘意図的に避けてた’節もある歌手も
何人か存在するんだろな(上で挙がってたジョーンズやポップ、それからあと
リザネクなんかもそうなのかな?)。なんか関連性みたいなのあんのかな?

190 :カラヤン党だが:04/03/28 15:41 ID:F9DLOn3C
>>174さん
>爆演最右翼の「フィンランディア」は77年だったか。

あれは70年代後期でも特別です!実は最初のトロンボーンの荘重なハーモニー、私の
師匠が吹いているのですが、数ある「フィンランディア」の中でも最強と思われます。

>>175さん
>トモヴァ・シントウの音程が最悪で聴けなかった。

あの頃(70年代中頃)のカラヤンのお気に入り、東独勢も多いですよね、なぜか。
トモヴァ・シントウはどうしちゃったんでしょうね、演目によって出来不出来が激しい。

>>178さん
>バルツァとの「カルメン」なんか興味があるけど怖くて買えない(もう損したくないし)。

あれなら大丈夫だと思います。とって食われそうなカルメンでちょっと怖いですが(笑)

191 :名無しの笛の踊り:04/03/28 15:43 ID:n/3hdcW9
器楽ソロでは主要ユダヤ系奏者にボイコットくらってたでしょ。
ゆえにカラヤンには協奏曲で名盤が少ない。
カラヤンが「育てた」ムターとプレヴィンの結婚なんか
いろいろ裏があるように思えてしまう。

192 :名無しの笛の踊り:04/03/28 15:47 ID:dtEi2Sss
クレーメルがカラヤンとチャイコ録音したけど、
すぐにレニーと録音して、そっちが有名になっちゃったね。
二度録音したリヒテルにも嫌われてたし、
「嫁さんがユダヤでも、ナチスはナチスだ」だったのかね。

193 :192:04/03/28 15:47 ID:dtEi2Sss
間違えた、クレーメルとカラヤンはブラームスだ。

194 :174:04/03/28 19:17 ID:CA6u7H2X
>カラヤン党だが 殿

膨大な数のカラヤンのディスコグラフィの中でナンバーワンに推す理由は、
やはり、悲劇的な冒頭部の、そして輝かしい勝利を連想させる最後のハーモニー
での金管の圧倒的な音です。BPO団員が師匠とは貴殿も只者ではないとみた!

195 :名無しの笛の踊り:04/03/29 01:55 ID:gCSdSZBo
ティンパニの音でかすぎだろ


196 :名無しの笛の踊り:04/03/29 03:08 ID:thfGiCis
でもドイツ系交響曲はデジタル録音した意義はあったと思う。
ブラームスやベートーヴェン。

197 :名無しの笛の踊り:04/03/29 03:27 ID:2OFKZsTt
>>195
ティンパニ奏者が難聴になったんだっけ?

198 :名無しの笛の踊り:04/03/29 05:55 ID:VWTZAxca
私てきにはカラヤンの「全盛」は82年までだと思ってます。
なので特にブラームスの交響曲は時期的にもうチョット早めにデジタル録音してくれればなぁーと
悔恨しっぱなしです。
大賀さんが言ってましたけど、「カラヤンはベルリンフィルとの関係でマーラー9を頂点に持っていった。
(その精華であるのが同年9月に収録された例のライヴ録音)
その後カラヤンはもう新たな曲を取り上げていない。過去のレパートリーの繰り返しである」・・・と。
実際にそれ以降の演奏を聴いてみると、弛緩しっぱなしです・・・。
まぁでもブラのダブルコンチェルトとか85年の展覧会の絵とかの例外はあるけど・・・。

これからライヴ音源のCD-Rでも収集するかな・・・

199 :カラヤン党だが:04/03/29 05:56 ID:MG/GyXOS
>>174さん
>膨大な数のカラヤンのディスコグラフィの中でナンバーワンに推す理由

そんな大それたことでもないのですが、数あるフィンランディアの中では凄いと思います。
好き嫌いは別れると思いますが、完成度の高さでは認めざるを得ない演奏ですよね。

なんていいながら、実は70年代前半EMIに録音したモーツアルトなんかも好きです。
ちょっとシンフォニックですが、他では聴けないモノがありますね。
管楽器との協奏曲集など、いまだに他と比べても遜色のない出来映えだと思います。
ちなみに私のBPOの師匠は二人いて、一人はフルトヴェングラー、ベーム時代を、
あの有名な1951年バイロイトの第九でも演奏しています。
もう一人はベーム以降、バリバリのカラヤン録音には欠かせない奏者で、数年前に
引退されました。
「BPOに入団するのは難しいことだが、それを維持するのはもっと難しい」とのこと、
そうでしょうね、いつも最高の演奏を世界中から求められているのですから。

200 :名無しの笛の踊り:04/03/29 08:58 ID:u8euWJeI
87年ザルツブルグのワーグナーなんかいいけどなあ。
ああいうのも弛緩しているように聞こえるんだろうか。


201 :名無しの笛の踊り:04/03/29 16:32 ID:VWTZAxca
あくまでもそれ以前の演奏と比べての話ね。
それを単体で聴けばいいかもしれないけど・・・。

202 :フレンニコフ作品CD化希望委員会:04/03/29 19:33 ID:Gpl+uAKr
>>174さんの言うフィンランディアは、
EMIですか? DGですか?

203 :名無しの笛の踊り:04/03/29 20:34 ID:M0vQRgB4
50年代なかばからBPOを鍛えあげた実績は偉大だと思うね。
正直それまでのBPOは録音聴く限り全然うまいと思えないが、
カラヤンの薫陶を経て名人芸オケへとうまれ変わった感がある。
60年代前半に出たベートーベン全集はその集大成ともいえよう。

204 :名無しの笛の踊り:04/03/29 20:59 ID:tRaorEIi
>>202
174さんではないけれど、EMIですよね?
私も改めて聴いてみようと思って棚から取り出したところです。
ちなみに、77年ではなくて76年録音です。

205 :174:04/03/29 21:04 ID:ZtmOvAlt
>フレンニコフ作品CD化希望委員会 殿
わたくすイチ推しの「フィンランディア」は76年のEMI盤です。
ところでフレンニコフとは気になりますな。ゲルギエフあたりに交響曲全集を
録音して欲しいのですが…。

>カラヤン党だが 殿
やはりシンフォニックな演奏というのがカラヤン=BPOの醍醐味のひとつ
ではないでしょうか。編成のスリム化が進む昨今、大編成の機能をフルに
生かした彼らの重戦車のような演奏を伝統にして欲しかったのですが…。
貴殿の師匠も引退されたのですか…。カラヤンを知る奏者は既に数える
くらいになってしまったのでしょうか?私は以前ラッパ吹きだったので、
クレッツァー氏にはまだまだ頑張って欲しいと思っています。

206 :174:04/03/29 21:06 ID:ZtmOvAlt
>204 殿
確かに76年ですた。サンクスです。

207 :カラヤン党だが:04/03/30 02:17 ID:YXYFzgkI
>>205さん

>カラヤンを知る奏者は既に数えるくらいになってしまったのでしょうか?

そうですね、段々と減りつつあるのは確かですね。カラヤンと共演しただけの奏者はいますが、
「共に時代を支えた」名人達は、ほとんど引退してしまいました。

> クレッツァー氏にはまだまだ頑張って欲しいと思っています。

まったくもってその通りです!
若干、確か17際にしてBPOに入団、当時より「天才少年」の名前をほしいままにしていましたが、
そんな彼ももう40代後半(まだ40代後半という方が妥当かな?)
1973年、NHKホールの落成式の時に演奏したブルックナーの第7番第3楽章のソロ、忘れられません。
また、マーラーの第5のソロも彼の演奏ですね。
フルトヴェングラー時代からの伝統を受け継いだ、ヴェーゼニック氏の後継者として、
BPOの「顔」として、同じく主席Trp.のグロート氏と共に頑張って欲しいですね。

208 :名無しの笛の踊り:04/03/30 02:42 ID:8XTwywWB
>>207
グロート氏はもう引退してますよ。

209 :名無しの笛の踊り :04/03/30 10:55 ID:3TR7iAdY
>>207
クレッツァーももう2番に降りますよう。
ついでに彼は1950年生まれ、73年入団の53歳です。

210 :名無しの笛の踊り:04/03/30 11:58 ID:rPa1pjru
>>207
マラ5のレコーディングで、落ちていたのはこの人か、、、
第一楽章
あぁxx、、、残念。


211 :フレンニコフ作品CD化希望委員会:04/03/30 12:52 ID:YL1Z3MYz
>>205
ありがとうございます。
買ってきます。

212 :カラヤン党だが:04/03/30 13:29 ID:LYGGHH1D
失礼しました、クレッツァー氏の年齢、計算間違いをしていたようです(恥!)

>>208さん
>グロート氏はもう引退してますよ。

あ、またもや。確か4年くらい前でしたね、スイマセン(恥!)

>>209さん
>クレッツァーももう2番に降りますよう。

そうですかー。噂には聞いていましたが、もうそうなんですね。残念。

私の同期が二人(トランペットとトロンボーン)がまだまだBPOで頑張っているので、
そちらの方にも期待したいです(汗!)
しかしここ数年で、大幅にメンバーが入れ替わりましたね…。

213 :名無しの笛の踊り:04/03/30 13:38 ID:iJCvvZud
>>203
>正直それまでのBPOは録音聴く限り全然うまいと思えないが、

でもねフルトヴェングラー時代だって、カラヤン的な艶と劇性こそ
獲得してはないと思うけど、単なる音量に還元されない芯のある
トゥッティやピアニシモ、デュナーミクは自在だと思う。
常任指揮者の音楽性のお蔭で。
それとどんなに際どい瞬間でも保持される鉄壁のアンサンブルは
むしろフルトヴェングラー時代の方が強い。それはフルトヴェングラー
の録音だけ聴くとワカランが、当時のBPOがクナーパーツブッシュと
ブルックナーを演奏した録音とか聴くと、同じクナが他のオケを
振ったブルックナーより遥かに安定して崇高だもの。

あ、別にフルトヴェングラーファンじゃないです。カラヤン好きですよ。

214 :名無しの笛の踊り:04/03/30 17:07 ID:E6cywvKV
カラヤン=ベルリン・フィルのコンビの音は、きれいでアンサンブルもいいんだけど
なぜか「うねらない」んだよね。
ニューヨークやウィーンには、それぞれに独特のうねる感じがあって、それを聞きたさに
バブリーチケットを買ったもんです。

215 :名無しの笛の踊り:04/03/31 14:42 ID:DR8jIAf5
>>140
意味が?? 説明おねがい

>>153
日本じゃオールオーケーですよ
沢山DLしたし問題無し、着メロ党歌で待受けゲッベルス
これ最強。 背面液晶はハーケンクロイツ

つってもユダヤ人音楽家、作曲家・指揮者大好きですよ
まーそんなもん

216 :名無しの笛の踊り:04/04/01 11:00 ID:iqrForBl
コロの「ローエングリンを歌える人間は全世界で5人しかいないが、
指揮する人間はごまんといる」を聴くと、江本孟紀の
「ベンチがアホやから野球がでけへん」を思い出す。
(「指揮する人間」はもちろんカラヤンのことだよ)

217 :名無しの笛の踊り:04/04/01 14:24 ID:gzOsB3xY
カラヤンBPOの君が代。
吹奏のブンチャブンチャ君が代に比べて、弦楽合奏だけの天上的なうつくしさ。
皇帝賛歌に負けず劣らずだったな。


218 :名無しの笛の踊り:04/04/01 21:16 ID:wWPZQ2gu
>>216
よくわかります。
江本孟紀並みのアホな発言ということですよね。

219 :名無しの笛の踊り:04/04/02 13:34 ID:OcnzZyWI
気持ちは分かるが、言わなくてもいいだろう。

まあ、江本の方は言ったのがホントかどうか疑わしいのだが。
(野球板ではないのでここまで)

220 :名無しの笛の踊り:04/04/02 14:56 ID:OcnzZyWI
ついでに、指揮官と前線の関係という点でね。

221 :名無しの笛の踊り:04/04/03 11:41 ID:hLj1MLOG
age

222 :名無しの笛の踊り:04/04/03 22:50 ID:b9zsb8BK
【収録曲(録音)】
  ベートーヴェン:交響曲第7番(1978年1月28日、ベルリン、ライヴ)
  ストラヴィンスキー:春の祭典(1978年8月31日、ルツェルン音楽祭、ライヴ)

【演奏】ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

この録音を入手した人の感想を求む。

223 :カラヤン党だが:04/04/04 00:02 ID:Fu9Yoc4x
注文中です。まだ届いていません。

224 :名無しの笛の踊り:04/04/05 15:53 ID:kGWghnz7
>カラヤン党だがさん
失礼ですがBPOの師匠にはベルリンで何年から何年まで学ばれたのですか?

225 :カラヤン党だが:04/04/06 01:35 ID:NrjViKDp
>>224さん
>失礼ですがBPOの師匠にはベルリンで何年から何年まで学ばれたのですか?

私が学んだのは残念ながらベルリンの学校ではありませんでした。
1.W.ヴァルター氏:(BPO→ケルン放送SO)1983-1985。ヴァルター氏最後の日本人の弟子です。
2.K.F.D.ウテッシュ氏:1983-1989。ベルリンに通いながらレッスンを受けていました。
ちなみにヴァルター氏は1985年に退職され、後任はH.ファドレ氏です。ヴァルター氏のお弟子さんです。
有名なベームの「リング」ではヴァルター氏が主席を、ファドレ氏がバストランペットでした。
ヴァルター氏はカラヤンとあまり相性が良くなかったので、カラヤンとのエピソードは主に
ウテッシュ氏から聞いています。ですがもう退任され何年も経ちますね。
余談ですが不定期にスローカー氏にも学んでいました。

226 :名無しの笛の踊り:04/04/06 08:03 ID:33I0NDl9
昨日はカラヤンの誕生日だった

227 :名無しの笛の踊り:04/04/07 01:44 ID:8jpNjH18
>>カラヤン党だがさん
NHKの「20世紀の名演奏」でツェッペリッツ、テーリヒェンと一緒にインタビューを受けていたのは
トロンボーン奏者の人ですか?


228 :名無しの笛の踊り:04/04/07 01:56 ID:ez+QodkA
知らなかったよ、このサイト。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/2889/index.html

カラヤンの総合サイトだな。

229 :名無しの笛の踊り:04/04/07 06:32 ID:8h3Pxo5c
ふと思いついたんですが、以前レコ芸のCD再発のレビューを見ていて、バルトークの弦チェレ(69年)で
アンサンブルが乱れているというレビューがなされていたのですが、どうなのでしょうか?
私はそういったことには疎いので普通に聴いてる分には乱れているようには聴こえないのですが・・・。
しかも明らかにカラヤンの棒に起因する乱れ方だと・・・。

230 :名無しの笛の踊り:04/04/07 21:42 ID:ZQ1HF5r0
>>229
自分で気が付かなかいのならそれでいいと思います。
ここが乱れているなんて教わってしまったら、次から
聴くときにそこが気になっちゃうじゃありませんか。

ただし、何の思い入れもない録音であれば話は別……。

231 :名無しの笛の踊り:04/04/07 22:17 ID:WWNVnmiI
>カラヤン党だが さん
かつてのBPO奏者の弦楽器奏者や木管奏者の
カラヤンについてのコメントはいくつか聞いたことがあるが、
金管奏者が語ったのはあまり聞いたことがない。
当時の金管奏者はカラヤンについてどう言うんだろうね。
グロードとかザイフェルトのカラヤン証言ってないのだろうか。 

232 :名無しの笛の踊り:04/04/07 22:49 ID:E0bejrKj
>>229
ドヴォルザークの弦セレの2楽章では
明らかに音乱れてます。


233 :カラヤン党だが:04/04/08 01:58 ID:ZWqD716q
>>227さん
>インタビューを受けていたのはトロンボーン奏者の人ですか?

私の記憶が違う番組と混同していなければ、第2トランペットのヒルザー氏だったと思いますが…。
もしも違っていたら、どなたかフォローをお願いします。


>>231さん
>当時の金管奏者はカラヤンについてどう言うんだろうね。

色々意見があるようです。
ウマが合う人、合わない人。合わなくても録音に必要だから指名される人。
過去にカラヤンには気に入られたものの、オーケストラから嫌われて入団できなかった
イギリス系のホルン奏者の話なども聞きました。
基本的にカラヤンの時には、それなりに緊張するようです。萎縮はしませんが。
大事なコンサートや録音の前には、楽団の「原譜」を持ち帰ることが許されていました。
日本のオーケストラでは紛失を気にして、まず行われない行為ですし、家に帰ってまで
緻密に練習することはあまり考えられません。
映像にもなっている「アルプス交響曲」の前には、ウテッシュ氏も譜面を持ち帰っていました。
歴代の奏者が書き込みをした、歴史が感じられるものに感じられました。
カラヤンは世間で思われているほど、オーケストラを無理に把握はしないようです。
奏者の自主性を優先し、またオーケストラの「伝統的奏法」はそのまま受け入れることが多いようです。
機会があれば例を書いてみたいと思いますが、皆さんにも思い当たる節はたくさんあるのでは?

234 :名無しの笛の踊り:04/04/08 02:29 ID:Dludc2sl
楽団員を締め付けてパーフェクトを目指すのではなく、手綱をゆるめて自発性
を引き出すのがカラヤン晩年の指揮法の奥義だったわけでしょ。
だから、晩年の録音の弛緩やアンサンブルの乱れを、むしろ彼の芸風の円熟の
副産物みたいなものとして捉えることもできるのでは。

235 :名無しの笛の踊り:04/04/08 02:43 ID:LFb6QthQ
でも全盛期だった69年ですよ・・・。
バルトークのことです、しつこいですけど。

236 :名無しの笛の踊り:04/04/08 16:55 ID:y+mFwgrD
まあアンサンブルの乱れがどうしても気になるならセルを聴いていればいいわけだが

237 :名無しの笛の踊り:04/04/08 18:17 ID:58xU25KA
晩年じゃなくともベルリンでは自発性を尊重していたと思うけど。


238 :名無しの笛の踊り:04/04/08 22:24 ID:OadEIltJ
そういや昔カラヤンが来日したときの特番で
ウテシュがインタビューに答えてたな。
カラヤンのことをシェフ、って呼んでいる、
もちろん、親しみを込めてだ、何てこと言ってたな。
ウテシュはカラヤンとウマが合ってたの?

239 :名無しの笛の踊り:04/04/08 23:48 ID:LFb6QthQ
>>236
なるほど!! 今度聴いてみます!!
(手に入るかしら?)

240 :名無しの笛の踊り:04/04/09 00:26 ID:p+g2dH+M
ヒストリー1・2の10枚組ボックス2590円で売っているよ。
塔通販

241 :カラヤン党だが:04/04/09 00:31 ID:SOlHdqfj
>>238さん
>ウテシュはカラヤンとウマが合ってたの?

ウテッシュ氏はカラヤンとウマが合うと云うよりも、無くてはならない存在のようでした。
特にレコーディングでは当時のもう一人の首席Trb.奏者ドームス氏と同様に、貴重な存在でした。
天才的なソロを聴かせるドームス氏(1965年の「ボレロ」を是非聴いてください!無敵です)と、
音程やテンポに非常に厳しいウテッシュ氏は、共にコンサートや録音には欠かせない
「素材」だったことは間違えありません。
ドイツではオーケストラの団員が指揮者のことを「シェフ」と呼ぶのは慣例的ですが、
カラヤンくらいの指揮者に対しても「シェフ」と呼ぶのは、尊敬と信頼の表れだと思います。
ウテッシュ氏からはカラヤンの「悪口」の類は、一切聴いたことがありません。
レコーディングの「絶好の素材」と認められた奏者には、収入という恩恵もありますし。
ヴァルター氏からは、カラヤンの悪口こそ出ないものの、よい思い出も語ってもらえませんでした。
BPOの皆さん、いいところに住んでいるんですよね実は。羨ましいですね。

242 :名無しの笛の踊り:04/04/09 01:05 ID:CRShZJr5
>>233
オケ曲もそうだけど、オペラなんて特にそうですよね。
無理に縦を合わせるような野暮なことはしないで
フレーズを存分に歌わせて、その結果、オケ(オペラの場合は歌とオケ)が
ちょっとズレたりしても、音楽的に充実してればスタジオ録音でも
OK出してましたし。

世上、言われてるような完全主義とかレコーディングでテープを
微細に渡り切り貼りしてたなんて誤ったイメージが流布してて残念です。
まぁ、ウニテルの映像見ると細かな編集の後は見えてしまいますが。(w

実際には2〜3回通しを録音した後、どうしても拙い部分だけ
録り直ししてたそうですね。

そういえば誕生日を過ぎてましたね。
うっかり失念してました_| ̄|○

243 :名無しの笛の踊り:04/04/09 02:55 ID:pb1CKkh7
>>240
あっご親切にどうもっ^_^


244 :名無しの笛の踊り:04/04/09 11:46 ID:CrTlGTl9
カラヤンのアンサンブルはそうでもない。

245 :カラヤン党だが:04/04/09 14:21 ID:qW7AeTLj
>>242さん
>世上、言われてるような完全主義とかレコーディングでテープを
>微細に渡り切り貼りしてたなんて誤ったイメージが流布してて残念です。

まったくおっしゃる通りだと思います。
もしも本当に切り貼り録音なら、ミスなどを録りなおすはずですが、あえてしていなものが多いです。
ウニテルのものについては、編集側の問題で指使いと音がずれているのは、ご愛敬ですね。
不自然な編集については、取り直した後のつないだ結果で、ピッチなどがずれていることがありますが
これはどうしようもないことでしょう。他の指揮者でも同じです。
カラヤンを聴かない人ほど、そういった間違ったイメージを持っていることが残念です。

246 :242:04/04/09 16:48 ID:Rx3OTcwK
>>245さん

レスありがとうございます。

ウニテルの映像作品の場合は、純粋に演奏(音楽)を追求していたとゆうよりも
音楽を如何に視覚化させるか という課題の実験みたいなところがありましたし
後にカラヤン自身が70年代のウニテル収録の映像作品を
「恥ずかしい、封印してしまいたい。しかし権利関係で止めることが出来ず
日本で流通してしまい残念」という旨の発言をしていましたね。

80年代、ウィーンに居住していた知人がムジークフェラインザールで
テレモンディアルのために収録されたブルックナー8番の公開収録に
聴衆として居合わせたそうですが、その折に感じた微細な演奏上のほつれは
LD化された演奏にも、しっかり残っていたそうです。

確かにカメラワークの都合上、後から部分撮りはしていたのでしょうが
あくまでサウンドトラックとして収録された演奏に合わせて
奏者が「演技」しているわけで、演奏そのものは流れが一貫しているわけですし
映像表現の一手段としてはあってもよいんじゃないかなと個人的には思います。
カラヤン自身、画に関しては純粋なライブとは異なることを
公言していましたし。


247 :名無しの笛の踊り:04/04/09 22:19 ID:dqd5x92D
>カラヤン党だが さん
シベリウスの7番のトロンボーンソロってやっぱりウテシュ?
それから、ザイフェルトと会ったことはないの?
すごい奇人だったらしいが。

248 :カラヤン党だが:04/04/09 23:46 ID:fpiyd8xO
>>247さん
>シベリウスの7番のトロンボーンソロってやっぱりウテシュ?

すみません、確認できていないので、調べてから書き込みます。

>それから、ザイフェルトと会ったことはないの?

フィルハーモニーの楽屋に「カンティーネ」という名前の喫茶コーナーがあります。
そこへは一般人が出入りしても咎められないので(本当はダメなんでしょうが)毎回行きました。
そこでザイフェルト氏とお会いししたことがあります。ニコニコとしていましたが、
いつもたいてい一人で行動していたように思います。
「奇人」説ですが、有名な「ホルンで相手を殴打」したのは本当らしいので、変わっているかもしれませんね。

249 :名無しの笛の踊り:04/04/10 09:21 ID:8fLoP6x+
教えてください
名演と世評が高いブル8/VPOのCDを購入しようとしたが
DVDの方が少し安いのでDVDを買ったがCDとは音源が異なるため
どちらが名演かと言うとやはりCDの方なのかなーと思ったりして
悩んでいると言うより悔やんでいる。
カラヲタ&ブルヲタの方のマジレスキボン




250 :132=109:04/04/10 09:48 ID:BLuWPmL3
>>249
DVDのって聖フローリアンのライブ?ならCDのよりいいよ。

251 :名無しの笛の踊り:04/04/10 10:01 ID:qqpF/iKz
>>249
カラヤン/VPOのブル8映像は、>>250 さんの言う1979年4月の
聖フローリアン大聖堂のライヴと、CDと同じ1988年11月のもの
がありますが、CDと音源が違うと仰っているので前者なのでしょう。

フローリアン大聖堂のライヴは私がブルックナーにはまるきっかけ
となった名演です。悔やむより何度も観(聴き)直して楽しんで下
さいね。

252 :名無しの笛の踊り:04/04/10 20:38 ID:8fLoP6x+
>>250>>251
そうなんですか、やったー嬉しい、自分の聴く耳ががないもんで
他人様の評価で左右されるど素人です
今日から心して聴きます(観ます)。
ありごとうございました。


253 :名無しの笛の踊り:04/04/11 11:26 ID:eO2GKJ5X
こんなところでもめている、(爆!)見てやっておくれよ。
http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=152573

この「盤鬼 北九州 」っていうのは、知ったか房だな、元々の録音を知らないらしい。
こういうヤツは叩いても構わないと思うが、いかなものか?

254 :名無しの笛の踊り:04/04/11 12:06 ID:biCWnLjS
63年ウィーン国立歌劇場管 タンホイザー <DG>
なんですけどあれは録音が悪いんですか?


255 :名無しの笛の踊り:04/04/11 16:02 ID:IAihl9vZ
生誕90周年のとき(98年)の4月に出たやつね!

256 :名無しの笛の踊り:04/04/11 16:03 ID:IAihl9vZ
↑(知ったかぶり^_^;)

257 :名無しの笛の踊り:04/04/12 03:03 ID:o0K6EsrC
>>254
 メロドラムが出していた時のLPしか聴いていないけど、60年代初めの他のライブ
演奏(こうもりやトロヴァトーレ等)と比べると同じ位だった。60年頃
演奏しているニルソンがフィデリオ役で出ている「フィデリオ」よりは
音はよかった記憶があるが。

 もちろん60年中ごろ以降の指輪のライブ(ザルツブルグ&メトロポリタン)
よりは劣るけど。

258 :名無しの笛の踊り:04/04/13 22:44 ID:v9WzFG6Y
age

259 :名無しの笛の踊り:04/04/15 21:59 ID:pbZTKKnC
『不滅』はOIBP化されていますか?




でも、されるされていない関わらず、
もう手に入らないポ(´・ω・`)

260 :名無しの笛の踊り:04/04/18 07:56 ID:uv4l++2S
>259
OIBP化されてるよ。
廃盤になったのかな?輸入盤だったらまだ
カタログには載ってると思うけどカンガレ!

261 :名無しの笛の踊り:04/04/18 19:28 ID:eQcN+GJO
>>259
シベリウスのタピオラとカプリングであるよ。
マスターっていうシリーズ。
ジャケットの上半分が金色のやつ。
CD番号は445 518-2です。
最近見かけないけど、ゲットがんがれ!

262 :259:04/04/18 19:44 ID:UEpYcepZ
>260-261
ありがd

いまAMAZONのUK・USを覗いてみたけど、輸入版ダメポそう…
挙句に中古値段吊り上げているヤシまでいるし(なんで50$もださなあかんねんヽ(`Д´)ノ

DEは1〜2週間待ちだけど、どうなんだろう。

他に輸入版ゲトーできる方法をご存知でしたら、教えてください_| ̄|○

263 :名無しの笛の踊り:04/04/19 00:17 ID:bE2u/9cH
マエストロ、マエストロ!カラヤンの輸入版のDVDの付録に1943年録音の
アムステルダムコンセルトへボウとの演奏がついていたため購入。メンゲルベルク
が鍛えたオケだけあって、ロマン的な演奏。後年とは一味違う演奏でなかなか
よかった。

1943年9月録音、ブラームスの交響曲第1番、ドンファン、サロメの7つのヴェールの踊り。

264 :名無しの笛の踊り:04/04/19 17:57 ID:z6zd8MIu
>>263
Audiophileから格安で出てました。


265 :名無しの笛の踊り:04/04/19 22:10 ID:oMAq3Xbx
>262
ネット通販、輸入CD店片っ端から探すんだ!
努力が報われてカラヤンの不滅を聴いたあかつきには
このスレで語り合おうじゃないか!
ガンガレ!!

266 :名無しの笛の踊り:04/04/19 22:15 ID:HKTRy148
俺海賊盤でカラヤンの不滅もってたかも。
でも海賊盤と駅売りを不意に粛清しちまったから残ってないかもしれない…

267 :名無しの笛の踊り:04/04/19 22:31 ID:cReegvKs
>>259 >>260 >>261
再発のMASTERSシリーズも含め「不滅」はOIBPではありません。
国内盤の再発がなかったせいもありCDはあまり見かけないけど、
LPはけっこうあちこちで見かけます。Dユニオンなら独DGで1000円くらい。

268 :名無しの笛の踊り:04/04/19 22:33 ID:cr1odhnN
海賊盤の不滅って・・・!?
アノ曲は確か一回だけ録音しただけで、ライヴでは取り上げてないはず。

269 :名無しの笛の踊り:04/04/19 22:42 ID:oMAq3Xbx
>267
俺MASTERSシリーズ持ってるけどOIBPって書いてるよ。
裏面よく見るとオリジナルイメージピットなんちゃらという表示がある。
OIBPでないCDも持っていたが、音質も明らかに違うからね。
間違いないよ。
海賊盤というのはCDを焼きまわしたディスクのこと?
それなら話はわかる。
裏青盤ではブロムシュテッドBPOの不滅は持っている。
1975年ころのライブだったかな。
BPOもこの曲演奏しなれていなかったのか
アンサンブルは極めて雑い。
その分カラヤンにくらべるとスリリングだけどね。

270 :名無しの笛の踊り:04/04/19 22:46 ID:8Kiulzee
>>259
たぶん
ttp://www.alapage.com/mx/?id=211051082381542&donnee_appel=GOOGL&tp=F&type=2&DIQ_NUMERO=226964&devise=&fulltext=CARL+NIELSEN&support=CD&sv=X_L
これか
ttp://www.amazon.fr/exec/obidos/ASIN/B000001GNJ/qid=1082382087/sr=1-2/ref=sr_1_0_2/402-5767767-9341738
これでしょう。
CD番号が書いていないけど。。。

フランス語は少し難しいけど(余計なお世話かな?)、私も購入したことがあります。ガンガーレ。

271 :名無しの笛の踊り:04/04/19 22:46 ID:HKTRy148
あらーじゃあ記憶違いかもしれません。
あの誰だったけか。
くだらんガセ情報流してスマソ

272 :261:04/04/19 23:03 ID:8Kiulzee
http://www.amazon.de/exec/obidos/ASIN/B000001GNJ/qid=1082382771/sr=1-4/ref=sr_1_8_4/302-1032707-3978409
ここにもあるじゃん!
OIBP間違いないですよ。中の解説書にも、ニューリー リマスタード フォー ディス リリースって書いてあるよ。

マスターズは隠れたOIBPが結構あります。OIBPじゃーなかったのは、ハイドンパリセット、ムターとの誰か(メンデル?)の
バイオリンコンチェルトぐらいでしょう。

273 :名無しの笛の踊り:04/04/19 23:06 ID:8Kiulzee
直リンしてもうた。
アマゾンさんスミマセン。

274 :259:04/04/20 00:12 ID:x2rjUt+L
>265-273
皆さん、ありがdd

FRサイトも、どうやら、1〜2週間待ちっぽいですね…

ということで、同じ待つならAMAZON.DEサイトにかけてみますた
(表向:なんせDeutsche Grammophonだし、本場でオケー
本音:仏語は苦手でつ(ニガ

CDよりも輸送費が高くつくのか… (´_`;)

無事届き聴くことできたなら、真っ先に感想カキコしますm(_ _)m

275 :名無しの笛の踊り:04/04/21 21:49 ID:UFYuhfx3
age

276 :カラヤン党だが:04/04/22 20:03 ID:Yvfd6AW6
67年収録、ブランデンブルク協奏曲第3番と管弦楽組曲第2番のDVDが、ようやく到着。
初めて観る映像と演奏、そのうえカラヤン久々の「新譜」なので期待して観ました。
音声は残念ながらモノラルですが、それなりに録音されています。
画像は思ったよりも鮮明で、期待以上の出来でした。
演奏もカラヤンらしい演奏で、たまにわずかな乱れもありますが、気になりませんね。
何よりも、無事に発売されたことを祝いましょう!

277 :名無しの笛の踊り:04/04/24 22:35 ID:m6m5+2rL
age

278 :名無しの笛の踊り:04/04/26 11:42 ID:gG/LKDqy
久しぶりにオネゲルの交響曲第2番と第3番『典礼風』を聴いている。
いいじゃん、これ。なんで今までこの良さに気がつかなかったんだろう。

279 :名無しの笛の踊り:04/04/26 12:18 ID:5ehXcJGW
DVDでカラヤンの映像初めて見たけど
プロモーションビデオみたいで
ライブの臨場感まったく無し
ガカーリ


280 :名無しの笛の踊り:04/04/26 13:16 ID:KajV1tdu
>>279
何を見たの?ものによるよ。

281 :名無しの笛の踊り:04/04/26 21:01 ID:00z/gfCa
>>279
DGから出てるベト9とブル8,9.SONYから出てるBPO100周年のEROICAは臨場感あるかと。
他のは確かに違和感あるのが散見されるが、私が見たうちこの四つはカラヤンの凄さを確認できる仕上がりだと思います。

282 :名無しの笛の踊り:04/04/26 22:06 ID:VGBUTE8b
マッティースのジャケットとかを集めていたサイトのURL、
(前スレで貼ってあったと思うんだけど…)
おしえてエロいひと

283 :名無しの笛の踊り:04/04/27 18:01 ID:ylUqtHK2
>>279
悪名高いカラヤンのインチキライブについてはさんざん語られてきたが、
こと「音」については悪くないと思うが。73年のチャイコは壮絶な演奏。
「映像」は所詮貼り付けが多い。臨場感を期待するより、カラヤンの映像の
美学とはかようなものかと思いながら聴くのがベストざんしょ。

284 :名無しの笛の踊り:04/04/27 18:30 ID:xUPhxBrl
Palexaのベト7ハルサイ発売確認キボンヌ。

285 :名無しの笛の踊り:04/04/27 20:44 ID:jHqQUJX5
プロモーションみたいといえば、最近DVDで出た60年代のブランデンブルクもまさにそうですな!!

286 :名無しの笛の踊り:04/04/28 15:35 ID:MnidOz+j
>>284
ここを見よ!
ttp://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=731364&GOODS_SORT_CD=102
遅れる可能性もあるとのこと。

287 :名無しの笛の踊り:04/04/29 13:35 ID:BVIP3LJS
塔に電話したらPALEXAのベートーヴェンとハルサイ入荷済だとさ。

288 :名無しの笛の踊り:04/04/30 17:01 ID:YXQ1dm+V
HMVで安売り(1890円)していた「死と変容」「メタモルフォーゼン」
のDVDが届いた。昔出ていたLDは、セピア調のフィルム風エフェクト
(もしくはビデオからわざわざフィルムに起こした?)がかかっていて
見づらかったんだけど、DVDではちゃんとビデオの画質に戻ってる。
(もっとも、他の作品同様、経年変化と思われる画質劣化がみられるけれど)

演奏は言うまでもなく良いし、基本的にライブ収録なので、
カメラワークもかなり自然。281さんが挙げてるものとともに、
カラヤンの映像作品の中ではベストの部類に入るものと思う。

289 :名無しの笛の踊り:04/04/30 20:42 ID:yLZmwXic
>>284
レビュー出とる。
ttp://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=1873203


290 :名無しの笛の踊り:04/04/30 21:38 ID:yLZmwXic
>>288
どこのHMVっすか?
教えてほすぃ!
そんな安いなら買いたい。

291 :288:04/04/30 22:14 ID:YXQ1dm+V
>>290
オンラインのHMVだよ。クラシック・コーナーに特集が組まれてる。
ドヴォ8も同じ値段。輸入クラDVDを扱ってる店舗なら、店頭でも売ってるはず。

パッケージの雰囲気から察するに、従来品が安くなったのではなく、
新プレス分からこの値段になってるっぽい。続編キボン。

292 :名無しの笛の踊り:04/04/30 22:27 ID:yLZmwXic
>>291
情報サンクス!

293 :名無しの笛の踊り:04/05/01 01:07 ID:dH30j9qV
新譜のDVD観たんだけど、カラヤンによくありがちな擬似ライブ的
なとこもあるが、カラヤンにしちゃ自然体ではないか??

ヴァイオリンやラッパの角度が揃ってたりしてないし、ツェラーも
口パクしてないしね。でもツェラーのアップはちょっと…

294 :名無しの笛の踊り:04/05/01 01:19 ID:dMharmm3
カラヤンの映像ビデオの先生って、たしかNHKだったと思うよ。
たしか・・・・・???

295 :名無しの笛の踊り:04/05/01 01:21 ID:Hf7F9DUd
で?

296 :名無しの笛の踊り:04/05/01 01:43 ID:WX8k+E25
VPOとのブルックナー8番1989年のほう。
発売直後に買って、俺がブルックナーにハマるきっかけになった1枚。
ライブ録音で、さすがカラヤンのライブはイイ!と思って、無性に
映像を見たくなり、DVDを買ってきた。
_| ̄|○ナンジャコリャー
音はCDと同じだが、映像はライブではなく、後付け。
不自然なアングル。音を出しているとは思えない無表情かつ機械的な奏者たち。

297 :カラヤン党だが:04/05/01 01:58 ID:dsVjaN4t
>>283さん
>カラヤンの映像の美学とはかようなものかと思いながら聴くのがベストざんしょ

おっしゃる通り。この時代に「映像」という手法で記録を残したことを賞賛するべきでしょう。
制作に当たっては別録音、別撮りをカラヤン本人も認めていますし、誰もやっていないことを
何十年も先に実現させ、その後の「お手本」になっていることも事実です。
演奏自体は素晴らしいものばかりなので、それだけでも大きな価値があると思います。
カラヤンがレコードやCD以外でも楽しめるのですから、よしと思います。

PALEXAの「ベト7」&「春の祭典」、パリ管との「幻想交響曲」のDVDも一緒に到着。(^^ゞ
簡単に感想など。「ベト7」開始早々、カラヤンだと云うことがすぐにわかります。
1分聴いて「買ってよかった」が第一印象です。
マルチマイク録音ではないのが幸いして、自然な音場ですが、管楽器が少々遠いですね。特にホルン。
第4楽章の最後、ホルンが「ミレドシ♪」と吹くところで、盛大にひっくり返ってます(笑)
第2楽章がやはり印象的で、美しい演奏だと思います。

「春の祭典」こちらも自然な録音で「大昔のテラーク」の様な感じで録れています。
ホールのせいか残響音がほとんどありませんが、かなり細かいところまで聴き取れます。
BPOが熱演で、たいへん気合いが入っているのが分かりますねー。
アメリカのオーケストラのように、弾き飛ばす様な感じはなく、着実な感じはレコードと同じです。
何よりも「カラヤン、ライヴの春の祭典」ということで、充分に満足できました。
打楽器がかなり頑張っていますし、木管・金管共にほぼ満足です。
カラヤン・ファンならば、克っても絶対に損はないCDだと思います。僭越ながら感想でした。
「幻想交響曲」はまた後日。

298 :名無しの笛の踊り:04/05/01 02:24 ID:pYHx6FHR
怒涛の勢いの中でホルンのひっくり返りも却って凄みを増す効果となっとる!
イカセていただきますた!

299 :名無しの笛の踊り:04/05/01 07:21 ID:WE0Z52b4
>>297
>カラヤンがレコードやCD以外でも楽しめるのですから、よしと思います。
ファンの心理はそういうものでしょうが、一般人から見れば思いっきりヘンです。
頼むからこういうのをアンチに対しても「認めろ!」などと言わないでね。
(まあ、分かってらっしゃるとは思いますが・・・)

300 :カラヤン党だが:04/05/01 07:57 ID:dsVjaN4t
>>299さん
>頼むからこういうのをアンチに対しても「認めろ!」などと言わないでね。

それはもう(笑)ここは、カラヤンのスレッドだからこそ書けるわけで(^^ゞ
アンチに限らず、一般のクラシック音楽ファンからしても、「自意識過剰」「演出し過ぎ」「不自然」と、
色々な意見が出るでしょうね。実際私もそう思うのですから(笑)
ファンにとっては、こういうものでも、とってもありがたいわけで…。
他の人には押しつける気持ちはありませんが、ある種の誤解や先入観は残念だと思います。
アンチの人に音だけを聴かせたら「いい演奏じゃない!」などと言っていたのが思い出されます。

301 :名無しの笛の踊り:04/05/01 08:20 ID:KqAIum7+
演奏会のヴィジュアル化というのは、本来の演奏会は当然視覚が伴う
→録音音楽の発達で音だけの体験が可能になった→更に映像もつけ
られるようになった、さてこの「映像」は音楽体験にとって余計か
どうか、という問題から発するはずです。
その場合中継と同じというのは芸がない、映像としての意味を求める
べきというのはある意味正統的な考えでしょう。ただ、カラヤンの映像化
は結果としてはうまくいってないとは思うけどね。でも他にこの問題を
クリアしたものがあるというわけではない。

302 :名無しの笛の踊り:04/05/01 08:33 ID:FbD/Itil
ううー。今日ハルサイ買いに行くぞ!

カラヤンの映像は確かに変なのがある。
ファンも当然ヘンだと思っている。
でも捨てきれない。なぜだと思う?
ヘンな映像がついていても演奏が素晴らしいからですよ。
これ以上の理由がない。カラヤン党だがさんが言うように
音だけ聴けばそれだけの価値は十分ある。
1970年はじめのブラ1なんてみんなこぞって賞賛してるしね。
俺はカラヤンのブラ1は晩年のCDが好きだが。

303 :名無しの笛の踊り:04/05/01 09:33 ID:01XkTDOp
>>296
VPOブル8ってライブ録音だっけ?
映像収録を前提としたスタジオ録音
(=当時のカラヤンの典型パターン)じゃなかったっけ?

確かにあの映像はひどいね。70年代の映像のような
DQNな部分があればまだ笑えるんだけど、奏者のアップばかりの
超ワンパターン。自分はもう売ってしまったよ。

304 :名無しの笛の踊り:04/05/01 10:16 ID:N0tt/ivn
ハルサイティンパニ爆裂してますな!

305 :名無しの笛の踊り:04/05/01 11:13 ID:WX8k+E25
>>303
スマソ。俺の勘違いだったみたい。今CD見たらどこにもライブとは書いてなかった。
しかも収録は1988年だし・・・ _| ̄|○
トランペットがひっくり返ったり、バストロンボーンが飛び出したり
その他諸々が放置されてるんで、てっきりライブかと・・・・

306 :名無しの笛の踊り:04/05/01 12:17 ID:6tdhlPIy
>>124
亀レスだがこじつけにオオワラタ

307 :名無しの笛の踊り:04/05/01 19:07 ID:d1ZlQhDL
みんな!ベト7&ハルサイの感想、どしどし書きこぬ!

308 :「春の祭典」凄いよ!:04/05/01 19:12 ID:RimV8NSv
スタジオ録音と全然違うじゃんか!
カラヤン燃えまくりの直裁で剛直な演奏だよ。
録音も凄くクリアで俺好みだね。
凄いのは、要所要所で炸裂するティンパニの最強打だよ。
迫力満点、チョット凄すぎるよ、コレは。
買って良かった!大満足だよ(^-^)

309 :名無しの笛の踊り:04/05/01 19:13 ID:jOV7YgoO
ヘタクソな似顔絵のジャケで
買う気しねえ…

310 :名無しの笛の踊り:04/05/01 19:14 ID:L3FBjhNh
最近カラヤンを聴くようになった
前はみんな酷評するから遠のいてたけども

311 :名無しの笛の踊り:04/05/01 22:23 ID:KqAIum7+
最近何でもかんでも「爆演」ならいいとする風潮があるけど
如何なもんでしょうねぇ。カラヤンに関する限りはそれは
美点とは限らないような気がしますが・・・・

312 :名無しの笛の踊り:04/05/01 22:24 ID:VxzB+qIK
読んでると 迷うな

313 :302:04/05/01 22:58 ID:FbD/Itil
ハルサイ買ってきたー!
めちゃ良かったー!
カラヤンのライブは時として荒いときもあるが
冷静沈着なスタジオ録音とは違った燃焼系爆演が存在するが
このCDもそのひとつと考えられるだろうな。
このベト7しかり。決して我を忘れているわけでもなく
ぐっと肝心なところは手綱をしめている、という感じか。
ハルサイも暴力的とまではいかないが
スタジオ録音よりもはるかに原始的。
この演奏が正規盤としてDGから出ていれば
もう少し評価が変わっていたのではないか。

314 :名無しの笛の踊り:04/05/01 23:22 ID:RYcd1CbR
>>311
すました美女も見たいし、乱れた美女も見たい!
と思はん?

315 :名無しの笛の踊り:04/05/01 23:36 ID:xHo10CwT
カラヤンには美術的センスなかったみたいだよ
映像作品が無残なのは仕方ないね〜
ジャケット決めるときも候補の中で一番しょーもないのを「コレだ」と選ぶ人だったらしいよ
「惑星」のジェケ選びで巨大カラヤンが星の上に立っているのを選んだ

316 :名無しの笛の踊り:04/05/01 23:46 ID:b8MquaEb
カラヤンのアノ映像収録に対しては、土屋氏がよほど腹に据えかねて
文句付けたらしいからな。(70年代の話だっけか?以前NHKの番組で言っていた)
ま、その時はカラヤンも譲歩したらしいが、
老いてオケがVPOに変わろうが結局同じ、どころかさらに酷くなったのか。

317 :名無しの笛の踊り:04/05/02 18:53 ID:eQU5qyhX
金管咆哮!打楽器炸裂!
ハルサイマンセー!

318 :名無しの笛の踊り:04/05/03 02:34 ID:sI/Mo9Vz
音楽終了後の拍手入りもポイント高いと思う。
クーベリックのマーラーライブなんてフォルテッシモで終わった後、
エコーを付けたような終わり方で人工的過ぎで非常に萎えた。
演奏が良かっただけに随分失望したことがある。


319 :名無しの笛の踊り:04/05/03 02:39 ID:L3YOBjbv
枝葉末節になってまいりました。

320 :名無しの笛の踊り:04/05/03 09:13 ID:bdltnC9i
>>311
 本当にカラヤンにとって「爆演」かどうか微妙だけどね。
 この人のライブは、意外にそういう演奏が多い。

 本人が嫌がったのは、「オケが勝手に演奏した」と非難したメトとの
 「ワルキューレ」他の演奏ぐらいだと思うが?確かにその「ワルキューレ」
 を聴いていると制御できていないように感じるが、カラヤン自身もかなり
 興奮している印象を受ける。。。

321 :名無しの笛の踊り:04/05/03 10:45 ID:W0zFSxEM
今話題になっている著作権法が改正されるとマイナーレーベルから
リリースされるライブ盤が日本では買えなくなるのだろうか?
メジャーレーベルが輸入取扱いしているレーベルは大丈夫なんだろうが。
(高くなるんだろうが)

322 :宇野弘法:04/05/03 12:45 ID:sRkkrZIw
 ぼくの評論家稼業も50年になるが、指揮者で最高の演奏を聴かせてくれたのはやはりカラヤンで
ある。どうしてムラヴィンスキーなどを評価していたのかわからない。
 指揮者以外でもチョンとかハイドシェックなどを絶賛していたのを思い出すと、思わず赤面してし
まう。もうすぐぼくも75歳。人生の終焉を感じだしたこのごろようやくカラヤンの偉大さがわかっ
てきた。これまで軽薄な批評を音楽メディアにまき散らしたことをこの場を借りてお詫びしたい。


323 :名無しの笛の踊り:04/05/03 12:48 ID:e9h01owK
>>322
死して屍骨拾うものなし。

324 :名無しの笛の踊り:04/05/03 22:47 ID:QfSEVuhg
カラヤンの録音技師は、Gunter Hermanns が多く、CD での音は、(済みません)
私には耐えられないものばっかりでした。ところが同じ録音を DVD 版できくと
結構いけるものが多いです。Gunter Hermanns を糞味噌に言ってましたが、最近
多少見直しています。特に1984年を境に大幅に改善されたように聞こえます。
322さん、’どうしてムラヴィンスキーなどを評価していたのかわからな
い。’なんて言わないで下さいよ。レニングラード・ムラヴィンスキーの
あの完璧なアンサンブル、今世界中で再現できる組み合わせがありますか?

325 :名無しの笛の踊り:04/05/03 23:19 ID:CNz0Hsl9
>>323
隠密同心でつか?

326 :名無しの笛の踊り:04/05/03 23:24 ID:2KYxrM3r
あっしは、宇野さんのムラヴィンへの評価だけは賛同できまする。

327 :初心者:04/05/04 19:24 ID:7MNAtIIJ
白い巨塔で流れてたので
カラヤンのワーグナー管弦楽曲集(1974年録音)を買ったのですが
皆様的にはこれは駄作なのでしょうか?
忌憚のない意見を聞かせてください! 


328 :名無しの笛の踊り:04/05/04 20:35 ID:8oNE43tc
 少なくとも宇野珍歩子がバカの一つ覚えのように推薦するミュンヘンの田舎指揮者
のアルバムよりは上といえよう。


329 :名無しの笛の踊り:04/05/04 20:37 ID:4fQGy9PF
ドリームライフDVDですが・・・。
カラヤンがチェンバロを・・・だからなんなんだ。
あまりおすすめできない。

330 :名無しの笛の踊り:04/05/04 20:51 ID:QgthLlvA
>>327
良い買い物をされますた。
あまたあるワーグナーの管弦楽曲集のCDにおいて紛れもなくピカイチでしょう。
ただしCDの音質はちょっとヘンなので、私は45回転LPで楽しんでいます。
タンホイザーだけしか収録されていないけれど・・・・。

この盤に限って言えば、ARTリマスターは化粧が濃すぎる嫌いがあります!

331 :名無しの笛の踊り:04/05/04 21:41 ID:UepfsfIP
ず〜〜っと探していたオルフ「時の終わりの劇」のCD、ようやく入手。
あまりにも出てこないので半ば諦めていたけど、見つかる時はあっけないもの。
超メジャー中古店の新入荷棚に逃げも隠れもせず鎮座しておりました。
(国内盤なのに対訳が無いのはちと痛い・・・・)

332 :名無しの笛の踊り:04/05/04 22:00 ID:aEP8JipV
>331
感想きぼん

333 :名無しの笛の踊り:04/05/04 22:07 ID:pCNRyTS3
>>327
第2集は屈指の名演だな。重厚だとか色々意見があるが、少し筋違い。
ドラマティックな演奏であればフルトヴェングラーが圧倒的だし(特に
ワルキューレの騎行!)、重厚な演奏であれば、クナッパーツブッシュ
の方がいい。

カラヤンのその演奏を一言で言えば懐の深い演奏。よく解釈して丁寧に作品と向き合って
演奏している。これだけでもトスカニーニやフルトヴェングラー等
の演奏と張り合える。例えばマイスタージンガーは全曲を聴いてみたい
程。ドレスデンとの演奏よりカラヤンの主張がよく出ている。

しかし第1集は基本的な傾向は同じだけど共感度に明らかに差が
あるのか、問題が多々ある。
タンホイザーは華やかで演出が巧みだけどそれだけだし、
トリスタンは前奏曲はただ鳴らしているだけ。愛と死はリズムが
セカセカしていて、どちらにせよ、後年のDGのライブ録音と
雲泥の差。ローエングリーンはその中ではいい出来だけど、
イマイチ購入する価値はないと思った。

334 :333:04/05/04 22:12 ID:pCNRyTS3
>>333
 スマソ。英EMIのLPをもとに判断してしまった。
 マイスタージンガーとさまよえるオランダ人、ローエングリーンの
 第3幕への前奏曲、パルジファルが第1集です。

335 :333:04/05/04 22:19 ID:pCNRyTS3
>>334
 基本的なミスでした。

>> マイスタージンガーとさまよえるオランダ人、ローエングリーンの
>> 第3幕への前奏曲、パルジファルが第1集です。

これらが第2集です。またまたスマソ。

336 :331:04/05/05 14:59 ID:3w4eYYG+
>>332

337 :331:04/05/05 15:51 ID:3w4eYYG+
>>332
今聴き終わりました・・・・

う〜ん、自分はオルフファンでも「現代音楽」好きでもないせいか、
もう一度聴きたいとは思わない。
特に声楽(それもややヒステリックな)中心の第1部はけっこうつらい。
どうせなら「カルミナブラーナ」録音してほしかった。

気になったのはC.シューマンによる曲目解説(もちろん和訳)。
初演時のオケ、合唱はもとより演出家、舞台装置制作者にまで言及しているのに、
指揮者カラヤンの「カ」の字も出てこない。????

338 :名無しの笛の踊り:04/05/05 23:37 ID:DQAh2S8x
>>337
禿同。私も入手してから二度と聴いてません(笑
マスコミにはほとんど問題にされず聴衆もついていけなかったという
作品ですから無理もないかも。でも、録音があって聴けるというのは
ありがたい話ですね。

339 :名無しの笛の踊り:04/05/06 00:23 ID:0s7Ww0cN
>>337
久々に引っぱり出して聴いてみました。
確かに曲と言うより「劇」という感じでCD聴いてると飽きる。
個人的には第2部のどんちゃか騒ぎが好きなのだが。
波平みたいな声のテノールが絶叫するところとか。

カラヤンて「カルミナブラーナ」演奏したことはあるんだよね。
せっかくだから録音残して欲しかったな。やっつけでもいいから(!?)

340 :名無しの笛の踊り:04/05/06 10:50 ID:13gmUAym
オルフは本当に入手難だね。一度も見たことない。
没後15周年記念とかでオリジナルジャケで再発されないものかね・・・

341 :名無しの笛の踊り:04/05/07 02:43 ID:K0tfFN4I
ベト7、ハルサイ聞いた
音きたない

342 :名無しの笛の踊り:04/05/07 02:56 ID:8h3Pxo5c
>>340
てか、今度再発されるときこそ、対訳つけてほしいっす!!

343 :名無しの笛の踊り:04/05/07 08:55 ID:4Ygha5Wg
>>337-340
ケルンの楽屋だかスタジオだかで、オルフがカラヤン部屋を尋ねたところ、
カラヤンは熱心にデモテープを聴き、満足げな表情を浮かべていた。
珍しく興奮気味だったという。
そのデモテープはケルン放送響と収録したばかりの「時の終わりの劇」
ではなくて、ベルリンフィルとのマーラー9番の演奏だった。
オルフはひどく落胆した。

とかいう有名なエピソードがあったような気がする。

344 :名無しの笛の踊り:04/05/07 22:10 ID:lCZLjq6z
>>343
確かマラ5じゃなかったかな?

345 :名無しの笛の踊り:04/05/08 00:03 ID:SJplgghH
カラヤンのドビュッシーとラヴェルのDVDは2種類ありますが、
どちらもいわゆるライブ映像では無いのでしょうか?

346 :カラヤン党だが:04/05/08 02:26 ID:stlOq9Aq
カラヤン/パリ管、1970年の「幻想交響曲」のDVDを観ました。
存在は知られていたけれど、なかなか発売されなかったものなので、ようやくという感じです。
音声は70年なのに残念ながらモノラルですが、映像はかなり鮮明です。
カラヤン/ユニテルの映像への布石が垣間見られますが、実験的な要素も強く、好き嫌いがでるでしょう。
演奏自体を取れば、なかなか素晴らしい演奏で、パリ管の熱のこもった表現もいいです。
編集など、人工的な要素も多いDVDですが、ファンにとっては嬉しい発売ですね。

347 :名無しの笛の踊り:04/05/08 06:00 ID:Fl014oRU
カラヤンくらいの巨匠が今の時代にまた出てくるってことはもうないのかな

348 :名無しの笛の踊り:04/05/08 06:06 ID:LFb6QthQ
>>346
最近ヤフオクで手に入れられた方ですか?


349 :名無しの笛の踊り:04/05/08 06:40 ID:eu2kkjDF
>>345
 ユニテル、テレモンとも残念ながらライブではありませんね。
 演奏前後の引き映像のみライブを使用した、いわゆる擬似モノです。
 土屋さんのアップが観れたり、カラヤンの投げキスがカコイイし、
 私は好きですがね。あ、もちろんシンフォニックな「海」もイイでっせ!

350 :名無しの笛の踊り:04/05/08 06:45 ID:eu2kkjDF
>>カラヤン党だが 様
 そのパリ管の映像とは「マエストロ!マエストロ!カラヤン」
 に僅かに収録されているパリ管との「幻想」そのものなのでしょうか?
 

351 :名無しの笛の踊り:04/05/08 08:38 ID:W5Fsmv3n
テレもんのドビュッシーは観てないが
ユニテルは持ってるよ。
擬似だけどまだ比較的違和感が少ないほう。
カットによってはライブ的な要素もあって、
擬似の中では映像としてはいいんじゃないかな。
演奏もGOOD。

352 :名無しの笛の踊り:04/05/08 10:26 ID:y7NDq2jR
>> 351
全然違和感ありませんねぇ。
微妙にフランス風ではないけど名演ですよ。

353 :カラヤン党だが:04/05/08 14:19 ID:m9dFkVvc
>>348さん
>最近ヤフオクで手に入れられた方ですか?

いえ、発売前にHMVに予約しておいたものです。

>>350さん
>そのパリ管の映像とは「マエストロ!マエストロ!カラヤン」
>に僅かに収録されているパリ管との「幻想」そのものなのでしょうか?

すみません、不勉強でそれを観ていません(恥!)
でも他には収録されていないと思いますので、多分そうではないでしょうか?(想像ですが)
何にしろ、全曲が観られるので、興奮しました!
映像はともかく、演奏は良いと思いますので、ファンならば買っても損はありませんよ!

354 :名無しの笛の踊り:04/05/08 22:00 ID:LFb6QthQ
>>353
348の者です。大変失礼いたしました!!
私は以前ヤフオクで見つけまして早速入札したんですけど、他の人に高額で持ってかれました。。。
もしかしてその方かと思いまして^^;

でもそのパリ管の幻想交響曲の映像の内容ですけど、実験的で好き嫌いが分かれるということですけど
実験的といえば、67年のチャイコのピアノ協奏曲もかなり演出が入ってますけど、あれと比べるとどうですか?




355 :345:04/05/08 23:03 ID:4A4m0uLt
レスどうもです。
擬似だけどなかなか良いとのことですね。

356 :カラヤン党だが:04/05/09 01:44 ID:B+v8QHff
>>354さん
>67年のチャイコのピアノ協奏曲もかなり演出が入ってますけど、あれと比べるとどうですか?

あれよりは、だいぶ観やすいと思いますよ。
ピアノ協奏曲の方は、なんだか観ている方も良く分からなくなってきますよね(笑)

357 :名無しの笛の踊り:04/05/09 03:53 ID:pb1CKkh7
>>356
どうもです!!
だいぶ観やすいですか^^
確かに良くわからない瞬間バッカリですよね(笑)
ピアノが突然ホールの2階席に移動したり(!!)




358 :名無しの笛の踊り:04/05/09 10:17 ID:VtIn+GUM
ベト7&春祭、自分も買いますた。
音は思ったよりいい。普通に聴ける。春祭第2部が超面白い!

ところで、Palexaってどういうレーベルなんでしょう?
ベームやヨッフムはまだしも、カラヤンまでライセンスを
受けられるというのは、どういう手を使っているのだろう。
案外、未亡人やDGも特にこだわりなく許可してくれるのかな?

359 :名無しの笛の踊り:04/05/09 11:02 ID:CdSVYZJp

そういえばベームのベト7などを収録したDVDも出ますね。
http://www.dvd.netyokocho.jp/music/DLVC-1128/


360 :名無しの笛の踊り:04/05/09 16:46 ID:swsOvepV
>>358
>ところで、Palexaってどういうレーベルなんでしょう?

こういうレーベル

ω

361 :名無しの笛の踊り:04/05/10 20:03 ID:/S7VcujR
睾丸ですか?

362 :名無しの笛の踊り:04/05/11 11:49 ID:GP0y8D1l
>>360
カナダのレーベルらすぃ。

363 :名無しの笛の踊り:04/05/13 20:44 ID:463GIhH/
age

364 :名無しの笛の踊り:04/05/14 18:23 ID:ee3npQOS
カラヤン&BPOによるワグナー管弦楽集の新譜(↓)が出ましたね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001O3YG2/250-9121652-3497023

365 :名無しの笛の踊り:04/05/14 18:35 ID:unSf5uYX
別に新譜じゃないじゃん。
artで出たのが初なんじゃないの?

366 :名無しの笛の踊り:04/05/14 19:43 ID:oZmd2T6P
そういうのも新譜って言うんじゃない?

367 :名無しの笛の踊り:04/05/14 20:44 ID:oZmd2T6P
いずれにしてもその(↑)ワグナー管弦楽曲集はお買い得ですね。

368 :名無しの笛の踊り:04/05/14 21:06 ID:IJ/219+h
カラヤンは、何度聴いてもいいよね。


369 :名無しの笛の踊り:04/05/14 21:07 ID:KNPPRlwE
カラヤンは、何を聴いてもいいよね。味噌クソ一緒って言うかw

370 :名無しの笛の踊り:04/05/14 21:18 ID:unSf5uYX
味噌クソって、どういう意味?

371 :名無しの笛の踊り:04/05/15 13:05 ID:U0OqNeDx
皆さんはもうカラヤン&BPOによるワグナー管弦楽曲集を注文なさいましたか?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001O3YG2/250-9121652-3497023

372 :名無しの笛の踊り:04/05/15 16:11 ID:GHqoH+D8
味噌糞【みそ−くそ】

江戸時代末期、食糧危機を憂えた新井白石が考案したといわれる
漢方に由来する調味料。人糞1升ににこれを約大さじ1杯ふりかけ、三日三晩
不眠不休でかき混ぜる。すると一週間の後、人糞が上質の味噌に変異するという。
幕末の動乱期に資料が失われ、今となってはどのような化学変化が起きたか知る由もないが、
この味噌糞によって救われた人命は数知れないという。但し問題があり、
三日三晩糞をかき混ぜる役をみつけるのが一苦労であったともいう。
なお、類似の調味料として【糞味噌】というのがあり、これは味噌にふりかけ三日三晩
かき混ぜると人糞に変化するというものであるが、こちらは果たして何の役に立ったのか
歴史学者の間でも議論が分かれている。
なお、その名称から人糞に【糞味噌】をかけてしまうという間違いも多かったらしく、
人騒がせな名称と一部で評判が極めて悪かったらしい。



373 :名無しの笛の踊り:04/05/15 18:21 ID:WU9vzyt8
60年代のチャイコはどうですか?

374 :名無しの笛の踊り:04/05/15 19:02 ID:NJkLoX62
>>373
1960年の4番とリヒテルとのピアノ協奏曲(1961)は結構イイかな
半ば頃の4〜6番もいい感じ

1970年代以降のに抵抗を感じる人にとってはおすすめかも
(私は1950年代のがお気に入りですが(w)


375 :名無しの笛の踊り:04/05/16 12:13 ID:9A7BELOG
チャイコなら70年のえみがいいと思う。ただし悲愴以外。
ワイセンベルクとのPコン、4番、5番最高。
俺的には悲愴は76年のDGだな。


376 :名無しの笛の踊り:04/05/16 12:42 ID:mMQ1dCg2
>>373>>374>>375
せっかく372が重要な問題を提起したのに
目を背けようとするのか?君達は
カラヤンファンの倫理性の欠如をまざまざと見せつけられる思いだ

377 :名無しの笛の踊り:04/05/16 13:54 ID:qiynyPXc
民明書房か?

378 :名無しの笛の踊り:04/05/16 13:59 ID:epA5k3JF
>>374
1950年代のチャイコフスキー
カラヤン・N響の悲愴は、それなりに楽しめる演奏だ。

379 :名無しの笛の踊り:04/05/16 15:23 ID:zXEuaziq
カラヤンのチャイコフスキーならDGの三大バレエ組曲(↓)が凄い。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000001G7C/ref=ord_cart_shr/250-9121652-3497023?%5Fencoding=UTF8&m=AN1VRQENFRJN5

380 :名無しの笛の踊り:04/05/16 16:16 ID:u4jRpOYH
味噌クソの意味はわかりましたけど、それとカラヤンとどう関係あるのか
鈍感な私にはよくわかりません。意味をお尋ねしといてあれですが。。。
結局どれも似通っているってことですかね^^

381 :名無しの笛の踊り:04/05/16 16:20 ID:dxZWNlW/
要するに、カラヤンは味噌糞のように有用だといふことぢやな。

382 :名無しの笛の踊り:04/05/16 16:21 ID:w+GCxl8K
372はむしろ
クラ板あげて掛らねばならん大問題ってことじゃないの???

383 :名無しの笛の踊り:04/05/16 18:09 ID:mMQ1dCg2
>>381
いや、カラヤンは「糞味噌」のほうだと思うな。
うまい味噌のような名曲も、カラヤンの手にかかると糞と化す。
果たしてカラヤンが何の役に立ったのか、
音楽学者の間でも議論が分かれてるしね

384 :名無しの笛の踊り:04/05/16 18:13 ID:jLde5Wcn
>>383
!!! 学者の研究対象になっているのですか?! カラヤン。
…凄いなァ…

385 :名無しの笛の踊り:04/05/16 19:55 ID:vrPb78+g
>>384
宇野コーホー教授のアンチ・カラヤン研究が有名です。

386 :名無しの笛の踊り:04/05/17 15:25 ID:ho9+hRS4
宇野コーホー教授はカラヤンがかっこよすぎたので嫉妬したのです。カラヤンも
チェリビダッケくらいの容貌だったら、コーホー教授に賞揚されたのですが…

387 :名無しの笛の踊り:04/05/18 00:44 ID:6F9Yj2y9
どうもカラヤンの演奏は聞いていて初見でグッとくるものがない
別にそれを悪いとは言わないけど・・・
チャイコフスキーならムラヴィンを聞いてしまうと他がどうも物足りなくなる


388 :名無しの笛の踊り:04/05/18 01:58 ID:aPD0dYGm
>>387
同感っ!!
納得できないのは、チャイコと、あとべト。
まあ、チャイコだったら4がいいかなぁってくらい。

389 :名無しの笛の踊り:04/05/18 12:11 ID:UDl4Z/jJ
カラヤンの作る音楽で、グッとくるような奴は信用しない方がええね。
ただ、楽譜を見ながらの場合には、わかりやすいので助かるけど。

390 :名無しの笛の踊り:04/05/18 15:26 ID:Ub2M/Nmv
初代カラヤンスレ (2000/01/11〜02/07)

カラヤンはどうですか?
http://pyon.2ch.net/test/read.cgi/classic/947555426/

391 :名無しの笛の踊り:04/05/19 22:09 ID:pOOrj3u5
>>388-389
カラヤンスレなのに、同じようなことを感じている人が居て良かった・・・w

392 :名無しの笛の踊り:04/05/19 22:15 ID:TT5J0OU5
カラヤンの持ち味は洗練を極めた人工美だからね
その磨き上げられた美しさにほれぼれするものだから
チャイコやベートーヴェンは似合わないでしょうな。
やっぱりRシュトラウスがベストマッチ!

393 :名無しの笛の踊り:04/05/19 22:26 ID:+E4RfNOC
そうそう、グッとくる必要はない。カラヤンの音楽は、
うわぁ〜キモチイイ〜カッコイイ〜とか呻きながら聴いていればいい。

カラヤンとは別に、グッとくる指揮者の演奏も聴くようにしているけど、
これはこれでまたいいのだと思う。

394 :名無しの笛の踊り:04/05/19 23:26 ID:bmd+OWmy
Pelexaのベト7はカラヲタの皆様としてはどうなんでしょ

395 :名無しの笛の踊り:04/05/21 22:23 ID:uyCmRpQK
トランペットがこけると有名な最後の来日公演の展覧会の絵を今更ながら
聴いたが、ちとひどいなw 最初だしやり直しても良かった気が・・・

カラヤンの裏青をたくさん聴いた方、何かお勧めありますか?
ちなみに漏れは晩年のカラヤンが好きでつ。

396 :名無しの笛の踊り:04/05/21 22:46 ID:T/+8RXBS
私はアブラの乗り切った70〜80年代が
好きです。
とりあえず、ブルックナー最後の録音、8番
をこれから聴く予定。


397 :名無しの笛の踊り:04/05/21 22:53 ID:/xMjlyp2
カラヤンの裏青なら、バルトークのオケコンどうよ?
ブルもいいもの残ってるね。80年の5番とか、
晩年好きならBPOとの9番。

398 :名無しの笛の踊り:04/05/21 22:55 ID:Oh3onSuX
ヘルベヌル・ポン・カラヤン

399 :名無しの笛の踊り:04/05/21 23:06 ID:9AsQswRY
  ( ・∀・)    | | ガッ
  と    )    | |
    Y /ノ    人
     / )    <  >__Λ∩
   _/し' //. V`Д´)/
  (_フ彡        /  ←>>398

400 :名無しの笛の踊り:04/05/22 00:08 ID:+xzqd4xJ
あっ、400ゲットだ。

401 :名無しの笛の踊り:04/05/22 01:29 ID:7ONWj1iG
展覧会なら裏青になってないけど86年2月のベルリンのライブがイイ!
88年来日は再放送の時トランペットミスが修正されてたから、
持っている人捜して聞かしてもらえば?

402 :名無しの笛の踊り:04/05/22 01:42 ID:PAMj6ed1
展覧会だと意外かもしれないけど1955〜56年にPOと入れたのも結構いいよ
確か最初からオリジナルステレオで出てたはず
(同時期の他の録音はLP時代疑似ステレオでCDになってから
オリジナルステレオが出たのが結構ある)


403 :名無しの笛の踊り:04/05/22 02:12 ID:lTfkiREP
遅ればせながら63年10月のフィルハーモニーのコケラ落とし公演のベートーヴェン9
を最近聴いたんですけど、これすごくイイ演奏じゃないですか?
彼のべト9は映像を含めた正規盤は9種類あってすべてチェック済みですけど、これが
一番いいと思います。
でも、終楽章最後の音でエコーがかかっていて、拍手がカットされています。
そこでお尋ねしたいのですが、拍手が入ってる盤はあるんでしょうか?
ちょっと不自然なので、もしあればエコーがかかっていない盤で聴きたいです。

404 :カラヤン党だが:04/05/22 03:29 ID:tFJorSnJ
「展覧会の絵」個人的には1966年のDG盤が好きです。
色々と理由はあるのですが、一時代前のBPO金管奏者による「キエフの大門」の迫力が凄いからです。
ただ、CDはオリジナルのLPよりも、ちょっとおとなしく(聴きやすく?)なっているのが残念です。
ヴェーゼニック&アイヒラー氏を中心とした金管セクションの咆吼がが、良い方に作用しています。
「カタコンブ」のトロンボーンのハーモニーも最強の迫力があります。

>>403さん
>もしあればエコーがかかっていない盤で聴きたいです。
私も同意です。コレって、あるのでしょうか?

405 :名無しの笛の踊り:04/05/22 03:52 ID:lTfkiREP
>>404
展覧会ですが、CDの方が「おとなしく」なっているというのは興味深いですね。
DGのCDは10年以上前によくあった「デジタルリマスター」と記載されているCDや、
OIBP盤がありますけど、それらすべて含めて「おとなしく」なっているという
ことでしょうか?
私はその両方持っていますが、特にヘッドフォンで聴くと、OIBPの方が音がやや
マイルドかな?と思います。

406 :名無しの笛の踊り:04/05/22 05:54 ID:lTfkiREP
すみませんっ間違えました!!
デジタルリマスターじゃなく、デジタルマスターリングでした^^;

407 :名無しの笛の踊り:04/05/22 08:07 ID:vBut0zlQ
ヴェーゼニック&アイヒラーの凄味なら
1812年なんかもすごい。
軽騎兵序曲もイイネ

408 :名無しの笛の踊り:04/05/22 16:48 ID:PJ/Lnl0b
70年代初頭(DG)の「ウィリアム・テル」序曲もヴェーゼニック&アイヒラー
なのでしょうか??この演奏はラッパはもちろん金管がイイですね。

409 :名無しの笛の踊り:04/05/22 17:34 ID:vBut0zlQ
1973年にクレッツァーが入団し、その次の年あたりに
グロードが入ったからそれ以前はヴェーゼニック&アイヒラー
と思われ。
ヴェーゼニックならオネゲルの2番でソロが聴ける。


118 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)