5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

コンサート評専用広場

1 :名無しの笛の踊り:04/02/13 20:46 ID:LyA6QpDK
コンサート終了後24時間以内にコンサートの評・感想を書き、
感動を共有するとともに、演奏について議論を深め次回のコン
サート選びに役立てるのが目的です。

今までは専用スレッドがなかったため議論が楽団スレッド、作
曲家スレッドに分散していました。今後はこの専用広場で集中
的に議論しましょう。このスレッドでは、同じ日に行われた、
あなたが行かなかったコンサートの情報も知ることができるた
め、あなたのコンサート選びの意思決定の妥当性を事後的に検証できる
はずです。

コンサートの休憩中や終了直後に携帯電話からアクセスできる
ようになるべく板の上位にあげておくようにしましょう。

このスレッドが好評であれば「今後1ヶ月の注目のコンサート」
スレッドも計画しています。

2 :名無しの笛の踊り:04/02/13 20:51 ID:k7UbRZEb
四年前ならともかく
今の廃墟化したクラ板では>>1の目論見のようには育たないスレだな。
岡田の餌食になるのが関の山。

3 :名無しの笛の踊り:04/02/13 20:54 ID:LyA6QpDK
>>2
そうでしょうか。
このスレッドはコンサートの感想を議論するところですが、
目玉はその議論を「次のコンサート選びに活かす」というところです。
全く新しいコンセプトのスレッドなのです。


4 :岡田克彦:04/02/13 21:12 ID:A1U86ymZ
ぼくの自作室内楽曲「クラリネットとピアノのためのドメスティックなラプ
ソディー OP.61」の盗作をしようと思われている方は、ここのBGMがオリジ
ナルですので参考にしましょう。仄聞するところでは、独奏楽器をぼくの使
ったA管クラリネット以外のもので盗作なさるそうですが、この作品の表情は
A管クラリネット以外では絶対に出せないと思っていますので、オリジナル曲
を楽器の特性まで熟知して作曲したぼくとしては非常に楽しみです(笑)。
まあ、ぼくのオリジナル以上の作品が出来るなどと簡単に考えているのなら
ば、作曲の厳しさを認知するよい機会ですので、出来るものならばやってご
らんなさい。この程度の盗作も出来ない等というのは、あっぱれ天下の見世物
です(爆)。(岡田克彦)
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/5933/


5 ::04/02/13 21:38 ID:k7UbRZEb
ほらね、来たよ。
キチガイが。

6 :名無しの笛の踊り:04/02/14 18:56 ID:HbVF5rbn
ワロタ

7 :WOO:04/02/19 23:13 ID:JNHioogk
2004/2/19オペラシティ(19:05〜20:55)
アンジェラ・ヒューイット(ピアノ)

大目に見て6割の入りか。1階前方は埋まっていたが、2・3階はチラホラといった
ところ。TV収録なし。オールバッハプロ。
■プログラム
@カプリッチョ変ロ長調「最愛の兄の旅立ちに寄せて」BWV992
Aイギリス組曲 第6番 ニ短調 BWV811
Bゴルトベルク変奏曲 ト長調 BWV988
[アンコール]=「主よ、人の望みの喜びよ」
あでやかな赤のドレスで登場。耳だけでなく、目も楽しませてくれる。最初の「カプリッチョ」
は、演奏者も聴衆もウォーミングアップといったところだろうか。
残りの2曲は、大作であり名曲である。特に、「ゴルトベルク変奏曲」はグレン・グールドの
名録音でよく知られている。まず、音の大きさに驚かされる。このホールはピアノがこんなに
響くホールだっただろうか。それとも、ヒューイットの音が大きいのだろうか。
「イギリス組曲」の「プレリュード」など、驀進する車を連想する。ただし、BMVやメルセデス
という感じ。決してスポーツカーではなく。同楽章など、途中で音量を落とせば効果を狙えるのだが、
それはしない。あくまで中庸。「サラバンド」はなかなかの名演。「ジーグ」はまた突進。それなりに感銘を受けた。

8 :WOO:04/02/19 23:14 ID:JNHioogk
さて、「ゴルトベルク」だが、私的にはリピートをどう処理するかに興味があった。結果的には、アリアと
カノン変奏曲では前半部のみをリピートするというユニークなやり方。もっとも、ほかにも13番などは前半
リピート。あんた、この変奏曲好きなだけちゃうんか、と突っ込みを入れたくなった(笑)。
全体としては、とても明るい。精神的なバッハとはほど遠い。ピアノの先生的演奏ぎりぎり。しかし、細部に面白い
ところがないわけではない。ヒューイットはロンドンに住んでいるらしいが、そちらの好みを反映しているの
だろうか。第30番「クォドリベト」の最後の音を非常に長く伸ばして、消えていく音に続けてアリア・
ダ・カーポの最初の音を出したのは面白いアイディア。この大曲の余韻を感じさせる、いいやり方だと思った。
まさかアンコールはあるまいと思ったが、ヴィルヘルム・ケンプの名録音で知られるコラールのピアノ編曲
を演奏した。何だかな。やめたほうがいいと思ったが。でも、この辺がこの人らしいんでしょうね(笑)。

9 :名無しの笛の踊り:04/02/21 09:04 ID:w2L12f8D
1さんへ。
私も以前おなじ意図をもってスレを立てたことがあります。
結果は、なかなか伸びなかった挙句に途中からとんでもないことになってしまいました。

http://music.2ch.net/classical/kako/1034/10342/1034265537.html

陰ながらこのスレの隆盛を期待しています。では。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)